豊川悦司のかっこいい姿を若い頃と現在で比較!高身長とスタイルは健在

若い頃

俳優の豊川悦司さんですが、1989年のデビュー以降現在まで第一線で活躍されていますね。

 

2020年8月現在の年齢は58歳ですので還暦まで2年ですが、年齢を感じさせない貫禄はまだまだ健在です。

 

186cmという高身長とワイルドな風貌、更に抜群のスタイルは年齢を感じさせないかっこよさがあります。

 

2年前の2018年には朝ドラ「半分、青い」に秋風羽織という役を演じ、いい味を出していました。

 

最近では、コロナ禍の自粛期間中に「愛していると言ってくれ」(1995年)が再放送されたことで、豊川悦司さんのカッコよさが再認識されましたね。

 

そこで、この記事では豊川悦司さんのかっこいい姿を若い頃と現在で比較してみます。

 

豊川悦司に似ている人物ベスト3は豊原功補、井浦新、田辺誠一!理由についても
コロナ禍の影響で新作ドラマの放映が延期されており、過去に人気の朝ドラマが特別編として放映されています。 豊川悦司さんと常盤貴子の主演作である「愛していると言ってくれ」が放送開始となり、若い頃の豊川悦司さんのかっこよさに改めて注...

 

geinoujin-wakaikoro

 

豊川悦司のかっこいい姿が世間に認識された作品

 

 

豊川悦司さんが芸能界デビューしたのは1989年のことです。

 

デビューと同時にドラマと映画に出演されていますが、デビュー作は、ドラマが「嫁・姑・大姑・3」(1989年)、映画が「君は僕をスキになる」(1989年)です。

 

芸能界デビューからドラマも映画も立て続けに出演していますので、芸能界でのスタートダッシュに成功したと思って良いでしょう。

 

とはいっても、最初から主役級で注目されていたわけではありません。

 

豊川悦司さんの存在を世間に知らしめたのは「愛していると言ってくれ」ですが、注目されるきっかけとなった作品といえば「NIGHT HEAD(ナイトヘッド)」と言われています。

 

NIGHT HEAD(ナイトヘッド)で存在感を見せつける

 

 

この作品は1992年にフジテレビで深夜に放映されたドラマで、超能力者を演じていました。

 

もともとは「世にも奇妙な物語」のひとつのエピソードであった「常識酒場」「トラブル・カフェ」が原案ということですのでSF特撮ドラマというのも理解できます。

 

この作品で豊川悦司さんは視聴者に強烈な印象を残すことになります

 

そして、このドラマの3年後に「愛していると言ってくれ」に出演することになるのです。

 

「愛していると言ってくれ」で人気爆発

 

 

改めて説明するまでもありませんが、「愛していると言ってくれ」は豊川悦司さんの出世作といっても過言ではないでしょう。

 

豊川悦司さんは耳が不自由な青年画家を演じました。

 

豊川悦司さんのひとつの特徴でもある「声」を封印しての演技は見事でした。

 

この作品は全12話の作品で、初回視聴率が17.5%だったものの、最終回の第12話の視聴率は28.1%と跳ね上がり、最終的には高視聴率ドラマとなっています。

 

脚本を手掛けた北川悦吏子の力も大きいと思いますが、豊川悦司さんと常盤貴子さんの主演、そして2人を取り巻く役者の演技が素晴らしかった結果でしょう。

 

この作品で豊川悦司さんは、第6回ザテレビジョンドラマアカデミー賞にて「最優秀男優賞」を受賞されています。

 

2006年以降は主に映画で活躍もドラマでも存在感発揮

 

 

豊川悦司さんですが、2006年になるとドラマよりも映画への出演が増えていますので、映画に軸足を移したようです。

 

2006年以降のドラマ出演数5本に対して映画への出演数は30本以上

 

しかし、出演本数は少ないながらもドラマでも存在感を見せつけています。

 

2012年に主演した「ビューティフルレイン」では、芦田愛菜ちゃんと親子で若年背アルツハイマー病となる約を演じました。

 

 

視聴率的には高くないものの、50歳になっても豊川悦司さんの存在感を見せつけました。

 

そして、朝ドラ「半分、青い。」でも、長髪高身長の独特の存在感のある役を演じられていました。

 

 

「かっこいい」を現在まで保ち続けている豊川悦司さんですが、若い頃と現在では同じ「かっこいい」でもカッコよさが違うはずです。

 

次は、豊川悦司の若い頃と現在を画像で比較して、どのように違うのかを確認してみます。

豊川悦司の若い頃と現在を画像で比較してみた

 

 

若い頃の画像

 

 

前半の画像は豊川悦司さんがブレークした時の「愛していると言ってくれ」や「青い鳥」の頃のものですが、者悲しげな表情が印象的です。

 

1996年に公開された映画「八つ墓村」や1993年の大河ドラマ「炎立つ」での和服姿もいかしていますね。

 

 

現在の画像

 

現在の姿として、おおよそ50歳を過ぎてからの豊川悦司さんの画像を集めてみました。

 

30代の頃と比べると少しふっくらしたようでありながら、体系的に太ったというわけではなく、良い年の取り方をしていると感じます。

 

テレビでの露出はあまり多くないものの映画には精力的に出演されています。

 

直近で公開された映画は、2018年が4本、2019年が3本公開され、2020年は3本が公開予定となっています。

 

まとめ

 

豊川悦司のかっこいい姿を若い頃と現在で比較してみました。

 

豊川悦司さんの画像を若い頃と現在に分けてご紹介しましたが、どちらもかっこいいですね。

 

30代と50代では顔や体型が変化するのは自然のことですが、豊川悦司に関しては、高身長とスタイルは健在で良い年の取り方をしていると感じました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました