黒柳徹子の若い頃がかわいい?ニューヨーク留学時の画像(写真)についても

若い頃

黒柳徹子さんの若い頃の姿がSNSで「可愛すぎる」「美人すぎる」と言われています。

 

黒柳徹子さんといえば、独特な髪型がシンボルのようになっていますが、他にも声や独特なキャラクターも個性絵的です。

 

黒柳徹子さんは1933年生まれなので、2020年の現在87歳になられています。

 

今回はそんな黒柳徹子さんの若い時(20代・30代・40代)の頃を調べて紹介していこうと思います。

 

geinoujin-wakaikoro

 

黒柳徹子の若い頃がかわいくて美人?

 

早速、Twitterを参考に若い頃の黒柳徹子さんについてコメントされていることを抜粋して見てみようと思います。

 

(一部抜粋)

 

見てみると、「可愛い」「美人」などのコメントが多く目立っています。

 

では、ここで黒柳徹子さんの若い頃の画像を見てみようと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

こんな写真を見つけました。20代ですね。 箪笥の上に、置いてあるパンダのぬいぐるみは、私が子供の頃、叔父からアメリカ土産としてプレゼントされた物です。 戦争中も、ずっと手放さなず、空襲があっても、自分のリュックに入れて逃げ回りました。 このぬいぐるみが、きっかけで、パンダを研究することになりました。 もちろん、今でも、大切に持っています。 私が、こだわる「正しいパンダ」と「間違ったパンダ」でいうと、このぬいぐるみは、背中が、全部黒いので「間違ったパンダ」です。 でも、とってもカワイイ💞 80年くらい前の物だから、もしかしたら、日本で「一番古いパンダのぬいぐるみ」かもしれませんね。 私は、皆さんが想像してらっしゃるほど、たくさんの「パンダのぬいぐるみ」は持っていません。 ただ、「自分でかわいい!」と、思ったものだけを集めてます。 今回、日本橋高島屋の「もっと SU・TE・KI !展」に、それらのパンダのぬいぐるみを展示します。 もちろん、この「日本最古?のパンダのぬいぐるみ」も、今回だけ公開します! お楽しみに! #もっとステキ展

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

今日、お昼のドラマ『トットちゃん!』が、最終回でした。 『トットちゃん!』では、私が、産まれる前の両親の若い姿を見ることもでき、その時代が、どうだったのかも分かりました。 また、子供の頃にお世話になった方々や、日本のテレビ本放送開始から、ずっといっしょに過ごした懐かしい仲間とも、再会することができました。 私のインスタグラムのコメント欄にも、ドラマ『トットちゃん!』のファンの方々から、暖かいメッセージをたくさんいただきました。 みなさん、ありがとうございます。 私が、NHKに採用され、テレビ女優第一号として入社したのは、1953年です。 いち早く、テレビの本放送が始まっていたアメリカから、NBCテレビ局のプロデューサーを日本に招いて、テレビ放送の指導を受けました。 当時は、テレビのことを「テレビジョン」と言ってました。 ある日、アメリカから来たプロデューサーが、NHKの職員の前で講演をしました。 「テレビジョンというのは、今世紀最大のメディアになると、私は信じています。我々の文化が向上するか、堕落するか、正しい人類向上の道をたどるか、それは、テレビジョンにかかっています。そして、かつて見たことのない世界各国の習慣や風俗も、私たちの目の前に現れてきます。今まで、人類が夢想だにできなかった国際間の理解と、そして平和が、テレビジョンによって、もたらされると信じています。」 この講演をした、テッド・アレグレッティーさんの言葉に、私は、すごく感銘を受けました。 「そうか。テレビジョンは、平和をもたらすこともできるのか!」 私は、その話を聞いて、テレビの仕事をして行こうと、決めたのです。 それから、64年が経ちました。 今でも、アレグレッティーさんの言葉を、繰り返し思い出すのです。 「テレビは、うまく使えば、永遠の平和をもたらすことができる。」 私たちは、テレビをうまく使っているのだろうか!

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

 

 

正直、どうでしょうか?

 

私の個人的な意見としては・・・

 

普通ですかねぇ・・・

 

若い頃なので、可愛らしいと言っちゃあ可愛らしいかなぁとも思いますが・・・

 

そこまで騒ぎ立てるほどかなぁ・・とも思います。

 

でもこの画像(写真)は60年ほど前の黒柳徹子さんなので、当時にしてみれば綺麗な方だったのでしょうね。

 

(あくまでも私の個人的な意見です。)

 

たた、黒柳徹子さんの面影はありますね。

 

Twitterで「綺麗」と騒がれていたことに関してですが、こちらの画像を見てください。

 

 

「可愛いっ!」「美人っ!」と思った方もいると思います。

 

こちらの画像が黒柳徹子さんとして勘違いされているコメントが多々見られました。

 

実は調べてみたところ、こちらの方は黒柳徹子さんではありませんでした。

 

こちらは「ひし美ゆり子」さんでした。

 

 

「ウルトラセブン」や最近でしたらNHK連続テレビ小説「まれ」に出演されていた女優さんです。

 

何処でどう間違ったのかは不明ですが、黒柳徹子さんではありません。

 

20代の黒柳徹子の画像(写真)

 

ここでは20代の頃の黒柳徹子さんにスポットを当てて紹介したいと思います。

この投稿をInstagramで見る

お昼のドラマ「トットちゃん!」で、ちょうど今、放送してる、私がNHKに入った頃の写真です。 先週のドラマに出てきましたが、NHKの研修時代に、先輩の俳優が、私達研修生を集めて「いいか、覚えとけ。蹴落とさねえ奴は、蹴落とされるんだ」と、言われました。 それを、聞いて、私は、1リハ(第1リハーサル室)の壁を蹴って、泣いた。 絵本を上手に読んであげられるお母さんになりたくて、NHKの試験を受けたのに、 そんな、人を蹴落とさなきゃ、やれない仕事なんて絶対に嫌だ! 私は、人を蹴落としたりなんかしない。 そんな事までして、女優になんかなりたくない! そう、思った。 それから、63年間。 私は、ここまでやってきました。 考えてみると、自覚はしなくても、誰かを蹴落として、ここまで、やって来たのかもしれないのです。 でも、少なくとも、私は、誰かを蹴落とそうなんて、思わないで、ここまで、仕事をして来れたことに、感謝しています。

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

 

1953年、黒柳徹子さんはNHK放送劇団員として日本のテレビ女優第一号になります。

 

この画像はちょうどその頃の画像ですね。

 

東洋音楽学校(現在は東京音楽大学)卒業後、オペラ歌手になるのを夢見ていた黒柳徹子さんですが、その夢が絶たれます。

 

歌詞を覚えることが出来なかったそうです。

 

幼少の頃に発達障害だったといわれている黒柳徹子さんですが(自伝:まどぎわのトットちゃんで記されている)、その影響もあるのかもしれません。

 

黒柳徹子さんが次に持った夢は「自分の子供に人形劇や上手く絵本の読み聞かせのできるお母さんになること」でした。

 

そして入社先に選んだのはNHK放送劇団員だったのです。

 

「ここならば教えてくれるかもしれない」と思ったことが入社希望動機だったそうです。

 

1954年黒柳徹子さんが21歳の時、ラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」出演を機に有名となり、20代後半ではテレビ・ラジオのレギュラーが10本以上と多忙を極めました。

 

この投稿をInstagramで見る

これは珍しい写真です。 NHKからテレビ女優第一号として、テレビに出始めた私ですが、おそらくスタジオの中の待ち時間。当時はテレビが始まったばかりで、女優の人数が少なかったせいか凄く忙しくて寝る時間も無い。なぜ、この写真が珍しいかというと、私が発見したのですが、一番体が休まるのは、頭が重くなるからマイクの上に鼻を乗せていると、頭の重さが鼻にかかって軽くなり疲れがとれる。 だから、よくこうやって休んでいました。それにしても、よく、この瞬間を撮って下さった方がいらしたと感心!20代前半の私です。 #黒柳徹子#トットちゃん#kuroyanagi#tetsuko#kuroyanagitetsuko#tetsukokuroyanagi#tottochan#totto #食器#トットてれび

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

 

この画像はそんな黒柳徹子さんがスタジオで休憩している時に撮られた画像です。

 

マイクに鼻をのせると頭が軽くなって疲れがとれるのだとか・・・

 

カラオケに行って疲れた際には、私も試してみようと思います。

 

このような状況で過労から1か月入院生活となった黒柳徹子さんは自分の出演していた番組を見て、代役が次々といる状況に「自分の代わりはいくらでもいる」ということに寂しさや虚しさを感じます。

 

この時の入院生活で医師に「死ぬまで病気をしない方法はありませんか?」と尋ねたそうです。

 

医師から帰ってきた答えは「自分が嫌な仕事はしない事。やりたいことだけやりなさい。」

 

これから約10年後、黒柳徹子さんは単身ニューヨークへ旅立ちます。

 

30代、40代のニューヨーク留学時代

 

ここでは黒柳徹子さんの30代・40代にスポットを当てて紹介します。

 

  • 30代
  • 40代

 

30代の黒柳徹子さん

 

 

20代のころ、そして30代に入って舞台俳優との間に演技力の差を感じた黒柳徹子さんは、仕事で知り合いとなった人物を頼り1971年に一年間の単身ニューヨークへの留学をします。

 

黒柳徹子さんが38歳の時ですから、なかなか大胆な行動をしますよね。

 

20代に入院した時の医師の言葉も後押ししたのでしょうね。

 

こちらがその頃の画像です。

 

この投稿をInstagramで見る

ニューヨークに、留学していたときに、住んでた私の部屋の写真。 大きいワンルームを、自分なりに仕切るスタジオという形式のアパート。 お芝居を勉強するために、ここに一年住んでいた。 私が座ってる場所は、ベッドと対角線になっているところにあって、このアームチェアのうしろは、大きい窓になっている。 カーテンの端が、ほんの少し左に見えるところを見ると、記憶は、確かだと思う。 お化粧をするときは、いつも、このアームチェアを鏡の方に向けるけど、たまにこんな風に向きを変えて、部屋全体が見えるようにして、考え事をしてたこともあった。 目の前には、暖炉もあった。 アメリカらしく、大きいアームチェアで、私が座ると、小さく見える。 でも、本当は、こんな風に静かに座って、ものを考えるという時間は、ほとんど無かった。 演劇学校には、毎日のように出かけたし、夜は夜でお招かれディナーで、急いで支度をしなくちゃならないし、引き込み線に入るつもりで仕事を、一年休んで将来を考えるのも悪いことではなかった。 女優の山岡久乃さんが「私なんかは、養わなきゃならない家族があって、そんなこと出来ないけど、あなたは身軽で出来るんだから、ゆっくりしてらっしゃい。」と言ってくださった。 沢村貞子さんは「いいね、休んどいで。でも、私は、2年は長いと思うよ、日本の芸能界は、待ってくれても1年だと思うよ!」と言った。 私は、居心地の良さに2年でもいいのかなぁ?と、心の中で思っていたけど、1年後にテレビ朝日から、突然電話があって、新しく始まる「ニュース・ショー」のメインの司会者になって欲しいという依頼だった。 それまで日本では、番組メインの司会者は、全て男性で女性は隣に立っている存在。制服のように、みんなが、白いブラウスに紺のタイトスカートのようなものを、着ていた。 たまに「えぇ」と言ったり、「ニコリ」と微笑んだり、というくらいだった。 しかも、テレビを見ている女性に、反感を持たれないように、たいがい抜擢される女性は、主婦か、主婦の経験のある人に限られていた。 私は、そのどちらにも当てはまらなかったので、「ダメだと思う」とテレビ朝日の人に言った。 すると、電話の向こうのテレビ朝日の人は、「だからお願いしているんです」と!! 「世の中、変わってきているんです。あなたみたいに独身で、ニューヨークへ行ったりして、自分の世界を持っている人の感覚が必要なんです。あなたに好きにやってもらいたいと、僕達は考えているんです」との電話だった!! 私は、考えた。 「あと一年、ここにいて楽しい暮らしをするのは確かに魅力的。でも、所詮仕事に戻るなら、新しい分野で仕事をしてみるのもいいかもしれない。」 1973年秋に、私は、日本に向けて飛び立った。 その時、別れが辛かった人も、居なくはなかった。 結婚も申し込まれたりもしていた。 でも、結局、私は仕事を選んだということになるのだろうか。 将来を考えて。 38歳の私です。

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

 

黒柳徹子さんはこの時に演劇だけでなくモダン・ダンスなども学んだと言っています。

 

着物を着てパーティーなどにも参加していたらしいです。

 

着物の画像など吹っ切れて弾けて「好きなことをしている感」「人生の充実感」が感じられますね。

 

徹子姐さん、その生き様カッコいいッス!!

 

この頃に当時アメリカで活躍されていた須賀勇介さん(ヘアメイクアーティスト)のアドバイスなどを受け、自身のトレードマークにもなる「タマネギヘア」を考え出すわけです。

 

1972年、黒柳徹子さん39歳のときテレビ番組「13時ショー」の司会が決まり帰国します。

 

 

40代の黒柳徹子さん

 

ここでは40代の黒柳徹子さんを紹介します。

 

 

40代に入ってからの黒柳徹子さんは皆さんご存じの「徹子の部屋」を始め、1978年「ザ・ベストテン」、1981年自身の著書「窓ぎわのトットちゃん」の出版などで大活躍されます。

 

 

隣にいるのは久米宏さん、「タマネギヘア」の名付け親となる人です。

 

この頃の黒柳徹子さんだったら記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この頃には「役を演じながらの司会は誤解や間違ったイメージを招くから」と女優業の方は控えています。

 

このような感じで今に至っているわけですね。

 

 

まとめ

 

黒柳徹子さんの若い頃について調べて紹介してみました。

 

20代から40代くらいまでをメインに紹介してきましたが、メイクなどの関係もあるのでしょうが20代の頃と40代の頃の画像ではイメージが違うと思います。

 

明らかに綺麗になっていっていますよね。

 

「好きな事だけ好奇心のままに生きていく」

 

そんな生き方が黒柳徹子さんを綺麗にさせていったのでしょうね。

 

黒柳徹子さんを少しだけ見習って、私達ももう少し肩の力を抜いて「好奇心のままに」生きてみるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました