小泉今日子の若い頃の健康美が眩しい!ミニスカ・ショートカットが印象的

若い頃

年齢が若い方の中には、小泉今日子さんの若い頃はとても人気のあるアイドルだったのを知らない方もいるのではないでしょうか。

 

特に20代、30代の方たちなら知らなくても当然だと思います。

 

現在の小泉今日子さんは表舞台での活躍はヘリ、2015年に設立した株式会社「明後日」の代表取締役として裏方にまわっています。

最近では芸能界でタブーとされている政治的発言をしたことでネットニュースで目にする機会が多くなっていますね。

 

デビュー当時から現在までの小泉今日子さんの活躍を知っている方やファンの方にとっては、は少し残念な気持ちになっているのではないでしょうか。

 

今回はその小泉今日子さんの若い頃を紹介していこうと思います。

 

geinoujin-wakaikoro

 

小泉今日子の若い頃

 

アイドル時代の小泉今日子さんを知らない人のために、若い頃の小泉今日子さんを簡単に紹介します。

 

知っている方は振り返って懐かしんで下さい。

 

小泉今日子さんは、15歳(1981年)でテレビ番組のオーディションで合格し、翌年の1982年「私の16歳」でアイドルとしてのスタートを切ります。

 

 

実は、小泉今日子さんがデビューした年は第どる大豊作の年だったのです。

 

1981年にデビューしたアイドルには中森明菜さん、松本伊代さん、堀ちえみさん、シブがき隊などがいます。今でも芸能界の第一線で活躍されている方たちが多く、そうそうたる顔ぶれですよね。

 

1981年のデビューから中々ヒットに恵まれなかった小泉今日子さんですが、1983年になると、5枚目のシングル「まっ赤な女の子」がヒットし、主演ドラマ「あんみつ姫」もヒットします。

 

 

この連続ヒットで小泉今日子さんはトップアイドルの仲間入りを果たしたといえるでしょう。

 

デビューした翌年にシングル5曲を発売し、更にドラマの主演までするっていうのは今では考えられませんね。

 

1993年のヒットで翌年の1994年は更に飛躍の年になります。

 

1984年発売の9枚目のシングル「渚のはいから人魚」はオリコン1位を獲得します。

 

 

すると、その後はヒット曲を連発し、発売する曲全てがオリコン10位以内には入り、歌番組の常連アイドルとなります。

 

今と違って歌番組がたくさんあった時代なので露出も多かったですね。

 

「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」「学園天国」「あなたに会えてよかった」等々・・

 

 

売れた曲を挙げれば幾らでも出てきますね。

 

なんと1994年に発売された36枚目のシングル曲「月ひとしずく」まで全て10位以内にランクインするほどですから、本当に恐ろしい位に人気がありました。

 

人気なのは歌だけではありませんでした。

 

1993年にドラマ「あんみつ姫」で主演を務めたことはお伝えしましたが、ドラマ出演も増え女優としての仕事が増えたのです。

 

具体的には、「少女に何が起こったか」(1985年)、「愛し合ってるかい!」(1989年)、「パパとなっちゃん」(1991年)などがヒットしました。

 

 

その他にはラジオ番組、舞台、映画の出演、本の執筆、コマーシャル出演まで幅広く、本~当っに幅広くこなしていました。

 

 

歌を唄えばヒット、映画に出ればヒット、コマーシャルに出れば商品がヒット。

 

小泉今日子さんに関わるもの全てが世間に受け入れられました。

 

まさに小泉今日子さんが時代のヒットメーカーとなっていたんですよね。

 

ミニスカ・ショートカットが印象的

 

小泉今日子さんのデビューした1980年代は数多くのアイドルが芸能界にいましたが、その姿はトップアイドルを真似たような容姿のアイドルばかりでした。

 

正直なところ、そのデビュー間もない頃の小泉今日子さんもそんな中の一人で、霞んでいた存在であったのも事実だと思います。

 

しかしそんな中、小泉今日子さんは起死回生の大ヒットを放つのです。

 

当時のアイドル鉄板のヘアスタイルといえば「聖子ちゃんカット」だったこともあり小泉今日子さんも例外ではありませんでした。

 

 

しかし、小泉今日子さんはバッサリとショートカットに大変身したのです。

 

 

この大胆なイメージチェンジですが、自ら事務所に申し出たっていうのですから驚きます。

 

でも、この大胆とも思えるイメージチェンジが小泉今日子という個性を引き立たせることになるのです。

 

他のアイドルに比べて、はきはきとしていて元気が良くそんな小泉今日子さんの性格とルックスのイメージがリンクしたのでしょう。

 

ショートカットのアイドルと言えば小泉今日子のような連想させるくらいになりました。

 

その当時の画像・映像がこちらです。

 

 

 

この記事を読まれている方の中には「これぞ小泉今日子っ!」と思った方もいらっしゃると思います。

 

健康的に程よく焼けた肌、ショートカット、ミニスカート。

 

世間に受け入れられない理由がありませんでした。

 

確かに誰が見ても可愛いですものね。

 

それくらいに小泉今日子さんのショートカット姿、ミニスカート姿はインパクトがあって印象深く残りました。

 

独特なファッションにも注目された

 

さらに小泉今日子さんは歌番組に出るたびに、その独特な衣装で歌番組の司会者や視聴者を驚かせてくれました。

 

その衣装は周りから見れば奇抜と感じてしまう衣装でもその明るく元気な小泉今日子さんが着ていれば不思議と可愛く見えました。

 

その画像がこちらです。

 

 

こんな衣装も小泉今日子さんが自らデザインしたり選んだりしていたというくらいですから驚きですよね。

 

正統派のアイドル路線とは少し違った路線でアイドルをしていった小泉今日子さんは、「アイドルのファンは若い男性」という概念を覆して同世代の女性ファンをも一気に取り込んでいました。

 

まとめ

 

小泉今日子さんの若い頃についてお伝えしました。

 

今振り返ってもこの頃の小泉今日子さんは可愛いですよね。

 

アイドルから始まってドラマに出演し歌手となり、女優としてテレビに映り、舞台をしては今度は裏方の方へいってみたりと・・

 

振り返って考えると小泉今日子さんのシフトチェンジ能力やセルフプロデュース能力は凄いものがあると思います。

 

こんな小泉今日子さんだから54歳となった今でも芸能界の最前線にいるのでしょうね。

 

こんな格好いい生き方、すごく憧れますよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました