にんにくの食べ過ぎ・取り過ぎ(過剰摂取)で胃に穴が開くってマジ?

ノウハウ

「にんにく」にはさまざまな効能があることが知られています。

だからか「にんにく」は食べるだけでなく「にんにく注射」などで体内に取り込むことも行われています。

にんにく注射は元プロ野球清原選手で有名になりました。

しかし、「にんにく」は体に良いからと言って、食べ過ぎや取り過ぎはよくありません。

良くないどころか体に支障を来しますので、ご説明します。

にんにくの効能

「にんにく」には、食材としての効能と栄養としての効能だけでなく、滋養強壮、がん予防などがあります。

食材としての効能

「にんにく」は、お肉の臭みを取る効能があります。

お肉にくさみが残っていると食欲に影響しますからね。

だから、中華料理だけでなく、イタリア料理やフランス料理など、多くの国の料理に使われています。

 

栄養としての効能

「にんにく」には糖分を分解する効能があります。

また、代謝を促進するビタミンB6が他の食材と比較して多いという特徴があります。

 

滋養強壮

「にんにく」には、酸化した細胞をアルカリ性に還元する作用があります。

 

がん予防

「にんにく」には特に大腸がん予防に効果があることが確実視されています。

 

しかし、良いことだけではありません。

 

にんにくの取り過ぎ(過剰摂取)がもたらす悪影響

「にんにく」には殺菌作用があります。

しかし、「にんにく」が持つ殺菌作用はとてつもなく強いと言われています。

 

どれほど強いのかというと、例えばマウス実験ではたった1%のにんにく成分を投与しただけで腸内の菌が減少することが明らかになっています。

 

これが「がん予防」につながっています。

 

しかし、これは、適度な摂取の時のことです。

 

「にんにく」を過剰摂取したり、特に生のにんにくの取り過ぎは胃の壁を痛めることに繋がります

 

 

「にんにく」の取り過ぎが胃に穴が開くというのはまんざら噂話ではないということです。

 

ネット上には「にんにく」の取り過ぎで体を壊したとの投稿が良くありますので少しご紹介します。

 

ネット上の声

 

まとめ

にんにくの過剰摂取が体に悪影響を及ぼすという内容をご紹介しました。

にんにくは体に良いことは知っていましたが、取りすぎることで胃に穴を開けるほどの作用があることにびっくりしました。

何事も適度が重要ですね。

 

 

 

コメント