豚コレラは人間に感染しない理由と日本での発生状況は?アフリカ豚コレラとの違いは?

ニュース

中国で現在問題になっている「アフリカ豚コレラ」ですが、日本でも岐阜県で「豚コレラ」に感染した豚が発見されました。

ただ、「豚コレラウイルス」は人間には感染しませんが、その理由と、「アフリカ豚コレラ」と「豚コレラ」違い、更には日本での「豚コレラ」の発生状況についてもご紹介します。

豚コレラに感染した豚が日本で見つかった

「コレラ」と聞くと、強力感染力を持った感染病をイメージします。

確かに強力感染力を持った感染病で、家畜など人間が食べる生き物に感染すると、即時に殺処分が行われます。

今回はコレラが対象ですが、鳥インフルエンザが流行した時も同じですね。

 

今回日本で発見されたのは「豚コレラ」です。

正確に言うと、「豚コレラウイルス」に感染した豚が見つかったということです。

 

「豚コレラウイルス」に感染した豚が見つかったのは岐阜県岐阜市の養豚場です。

 

ここで気になるは人間への感染です。

 

しかし、豚コレラウイルスは人間には感染しません

 

ここで、豚コレラについて確認してみましょう。

 

豚コレラとは?

豚コレラとは豚コレラウイルスのよるウイルス性疾患です。

「豚」コレラとはなっていますが、豚コレラウイルスが感染するのは「豚」と「猪」です。

 

豚コレラが人間に感染しない理由

 

豚コレラは、「」と「」に感染する病気だから、人間には感染することはありません。

 

豚コレラの日本での発生状況

豚コレラウイルスが発見さらたのは日本で初めてではありません。

 

2回目です。

 

一度目は、今から26年前の1992年に熊本県で発見されています。

 

そして、熊本県で豚コレラウイルスが発見されてから26年後の2018年9月に岐阜県で発見されたことになります。

 

「豚コレラ」と「アフリカ豚コレラ」の違い

「豚コレラ」と「アフリカ豚コレラ」はどちらも「コレラ」が病名についていますので、同じようなものと考えてしまいますが、病原となるウイルスが異なります。

「豚コレラ」のウイルスがフラビウイルス科ペスチウイルス属豚コレラウイルスなのに対して、

「アフリカ豚コレラ」のウイルスはアフリカ豚コレラウイルスよるものです。

 

「アフリカ豚コレラウイルス」は豚コレラウイルスと同じで豚と猪が対象となりますが、感染経路は異なっています

 

豚への感染が口、鼻、ダニによる吸血で起こるのに対して、猪への感染はダニ媒介が前提となります。

 

「アフリカ豚コレラウイルス」については、現在中国で流行っているようですが、現時点では岐阜県で見つかった豚コレラウイルスがアフリカ豚コレラウイルスなのかについては調査中となっています。

 

岐阜県で発見された豚コレラへの対応

今回、岐阜県で豚コレラウイルスに感染した豚が見つかったわけですが、どのような対応になるのかをご紹介します。

 

今回岐阜県で豚コレラウイルスに感染した豚が見つかった養豚場には690頭の豚が飼育されていました。

 

しかし、この内の80頭が既に豚コレラウイルスに感染して死亡してます。

 

残り610頭については、全て殺処分となります。

 

更に、この養豚場以外での感染も考えられれるため次のことも禁止されます。

 

具体的には、「豚コレラウイルスが見つかった養豚場から半径3km以内の豚は移動禁止」となります。

 

まとめ

また畜産されている方々にとっては悲しいニュースが飛び込んできました。

精魂込めて育てた豚や鶏、牛などが問答無用で殺処分される現実は本当に悔しいと思います。

ただ、豚コレラウイルスに感染した豚や猪の治療法はありませんので、最終的には死に至ります。

となると大事なのは感染を防ぐことです。

出来るだけ早く、今以上に感染させないことが重要です。

育てた豚の殺処分はつらいですがなんとか乗り越えて頂きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました