大阪桐蔭吹奏楽部専用トラックと東邦高校への友情応援実現物語に感動!【動画あり】

高校野球

2019年春の選抜高校野球の決勝戦が終りました。

優勝したのは愛知県代表の東邦高校でした。

 

決勝は愛知県代表の東邦高校と千葉県代表の習志野高校の戦いです。

しかし、決勝戦にはもう一つの戦いが待っていたので。

 

それは『吹奏楽部の戦い』

 

高校野球の甲子園と同じように吹奏楽部でも全国大会が開催されます。

そこで全国の常連なのが大阪桐蔭高校と習志野高校です。

 

一部のファンの間では吹奏楽部の対決として注目されていましたね。

 

しかし、なぜ大阪桐蔭高校が愛知県代表の東邦高校を応援することになったのか気になる方もいらっしゃると思います。

筆者も大阪桐蔭高校が友情応援することになった経緯を見て感動しました。

そして、「いいもんだな~」と心から思いました。

 

今回、大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校を応援するにあたって、東邦高校のマーチングバンド部は大阪桐蔭高校を訪れて合同練習を行ったそうです。

そこで出迎えたのが『大阪桐蔭高校吹奏楽部専用トラック』

このトラックには東邦高校の生徒たちを感動させるおもてなしが用意されていたのです。

 

その内容をご紹介すると共に、どのような経緯があって大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校の応援をするようになったのかについても簡単にご紹介します。

そして最後には、 Twitter 上に寄せられた実際の大阪桐蔭高校と東邦高校の合同応援動画をご紹介します。

大阪桐蔭吹奏楽部専用トラックに書かれた東邦高校へのエール!

 

選抜甲子園が始まる前の3月中旬に東邦高校関係者は友情応援を引き受けてくれた大阪桐蔭高校を訪れます。

すると目に入ってきたのが大阪桐蔭高校吹奏楽部専用の楽器運搬用トラックです。

このトラックの側面には次のような文面が書かれ、東邦高校の関係者たちを出迎えたのです。

『ガンバレ!!東邦高等学校公式野球部』

友情応援を引き受けてくれたばかりか、歓迎してくれたことに関係者は感動したそうです。

筆者もこの画像を見て胸が熱くなりました。

 

本来なら甲子園で戦うライバル校である2つの高校。

最初は若干の戸惑いはあったそうですが、大阪桐蔭高校は今年の選抜高校野球には出場していません。

 

大阪桐蔭高校吹奏楽部の部員の皆さんも甲子園で応援する機会が得られたことは夏の甲子園に向けて良い経験になったことでしょう。

 

ここで、なぜ大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校友情応援するようになったのかその理由について簡単にお伝えします。

大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校を応援する理由に感動!

 

東邦高校をいつも応援するのは東邦高校マーチングバンド部です。

本来であればマーチングバンド部が野球部を応援することになっています。

 

しかし、東邦高校のマーチングバンド部は3年ごとに海外遠征を行っており、 今年がその3年に1回にあたり、ちょうど選抜甲子園大会の期間中に海外遠征することになっていたのです。

 

選抜甲子園大会に出場する高校が決定されるのは毎年2月1日です。

当然その頃には、東邦高校マーチングバンド部は海外遠征が決定しており、海外遠征に向けて練習していたこでしょう。

 

そこで、学校関係者は愛知県の他校に応援の協力を求めたそうですが、 スケジュールが合わず全て断れたそうです。

 

そこで、高校野球ブラバン応援研究家である「梅津有希子」さんが、東邦高校と大阪桐蔭高校の間を取り持ち今回の大阪桐蔭高校吹奏楽部の友情応援が実現したのです。

 

もし大阪桐蔭高校の友情応援がなければ 音無の応援、もしくは音があったとしても野球部のマネージャーが一人でトランペットを吹くことになっていたのです。

 

しかし、大阪桐蔭高校吹奏楽部の応援が実現したことで事態は逆転します。

大阪桐蔭高校吹奏楽部は全国に名の知れた吹奏楽部です。

全国大会でも毎年上位入賞を果たしており、甲子園での演奏経験も豊富です。

すでに甲子園での応援も全国の高校野球ファンに知れ渡っており、これほど頼りになる応援団はありません。

 

昨年の夏の高校野球で大阪桐蔭高校野球部は春夏連覇を果たしました。

その時、野球部員は吹奏楽部の応援に対して最大限のお礼を伝えていました。

そして、大阪桐蔭高校吹奏楽部の高校野球にかけるエピソードを耳にしたのでご紹介したいと思います。

大阪桐蔭高校吹奏楽部は夏の大会には出場しない理由が泣ける!

 

野球に限らず、夏休みや春休み、冬休みなど長期の休みの時には大会が開かれます。

吹奏楽部も例外ではありません。

夏には大きな大会が開催されるのです。

 

しかし、全国でも名の知れた強豪校である大阪桐蔭高校吹奏楽部は夏の大会には出場しないというのです。

その理由は、野球部をはじめとした同校の応援をするためです。

 

大阪桐蔭高校はクラブ活動だけでなく勉学にも力入れており、難関校にも多数合格するような文武両道の高校です。

 

クラブ活動も全国レベルのクラブ活動が多く吹奏楽部の応援を必要とする場面が多いのです。

そのため大阪桐蔭高校吹奏楽部は応援機会の増える夏の大会には出場しないのです。

 

その代わり 、野球部をはじめとする他のクラブは自分たちの大会が終わった後には吹奏楽部の応援を買って出てるそうです。

このような背景があるから、 昨年の夏の大会で優勝した時に選手たちが「吹奏楽部の応援のおかげだ」と真っ先に口に出したのが理解できます。

最後に、大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校を友情を応援した応援シーンをご覧ください。

甲子園最強吹奏楽部の迫力!

 

まずは、「We are 東邦」から。

凄い迫力です。

 

次は、根尾くんで有名なパワプロ。

最後は、DA PUMPの「USA」。

次は、布袋寅泰の「バンビーナ」。

大阪桐蔭高校吹奏楽部が凄いのは知っていましたが、九州など関西以外でも演奏会を行っているんですね。

大阪桐蔭の演奏ならお金を払って聴く価値ありでしょう。

 

最後は、メドレーです。

 

まとめ

大阪桐蔭高校吹奏楽部が東邦高校を応援するきっかけとなった物語と大阪桐蔭高校吹奏楽部専用のトラックにまつわる感動秘話?をお伝えしました。

強豪校である大阪桐蔭高校の懐の広さと常に全国レベルで演奏している技量と経験があってこそ、今回の東邦高校野球部全国制覇も実現したのではないでしょうか。

コメント