永谷晶久のwikiプロフィールと経歴!おすすめ埼玉うどんは通販で買える?

マツコの知らない世界

埼玉県を日本一のうどん県にするべく頑張っている「永谷晶久」さんがマツコの知らない世界に出演します。

 

 

永谷晶久さんは現在サラリーマンとして働きながら、埼玉うどんの普及活動をされていますが、永谷晶久さんはどのような方でどのような経歴で埼玉うどんの日本一を考えるようになったのか、そして、永谷晶久さんおすすめ埼玉うどんをお伝えします。

 

matsuko-world

永谷晶久さんのwik風iプロフィール

 


引用元:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

名前 永谷晶久(ながたにあきひさ)
生年月日 1981年生まれ
出身地 千葉県松戸市生まれ

埼玉県入間市(小学校6年から)

出身校 埼玉県立豊岡高等学校
未婚・既婚 既婚
勤務先 製造業総務部
うどん普及活動
  • 埼玉を日本一の「うどん県」にする会会長
  • 東大うどん部名誉顧問
  • 全国ご当地うどんサミット(熊谷市開催)スペシャルサポーター
著書 スゴい!埼玉うどん王国宣言‼

 

永谷晶久さんですが、現在は1981年千葉県松戸市で生まれますが、小学校6年生の時に、埼玉県入間市に引っ越し、現在も埼玉県にお住まいのようです。

 

永谷晶久さんは31歳の時に結婚されています。

 

出身校には埼玉県立豊岡高等学校があり、2017年9月には母校で「うどん」の授業を行っています。

 

 

この授業は2017年のマツコの知らない世界に出演した「東大うどん部」と一緒に授業を行いましたが、永谷晶久さんは、番組にも41秒間だけですが東大うどん部名誉顧問として出演しているのです。

 

 

「埼玉うどん」に関係するお仕事を本業としているのかと思いきや本業は製造業の総務部に勤務しているとのことです。

 

総務部に勤務しているとのことですので、会社全般に関わる縁の下の力持ちのお仕事ですね。

 

永谷晶久さんについて調べてみると、小さい頃から特別「うどんが好き」だったという記述は見つけられません。

 

結婚後なのか定かではありませんが、埼玉うどんの魅力を知ることとなります。

 

埼玉うどんの魅力を知った永谷晶久さんのバイタリティは凄いです。

永谷晶久さんの経歴

 

ここでは、永谷晶久さんのうどんとの関わりに関する経歴を確認しています。

 

永谷晶久さんはただ「うどん」に興味を持つようになたのではなく、「埼玉うどん」に魅力を感じるようになります。

 

現在は、埼玉県を日本一のうどん県にするために次のような役職というか役割を担われています。

 

  • 埼玉を日本一の「うどん県」にする会会長
  • 東大うどん部名誉顧問
  • 全国ご当地うどんサミット(熊谷市開催)スペシャルサポーター

 

サラリーマンとして働きながら「埼玉うどん」の普及活動を行う永谷晶久さんですが、なぜ「埼玉県を日本一のうどん県」にしたいのかについて見ていきます。

 

なぜ永谷晶久さんは「埼玉県を日本一のうどん県」にしたいのか

 

「うどん」と聞いて思い浮かべる県といえば多くの人が「香川県」を思い浮かべるでしょう。

 

ただ、うどんの生産量は香川県が1位なのは変わりませんが、2位は埼玉県なのです。

 

ちょっと意外でした。

 

更に、埼玉県はうどんの性産業が2位というだけではなく、埼玉県内の地域独特のうどん文化があるとのことです。

 

永谷晶久さんは埼玉県のうどん文化を伝えるため「スゴい!埼玉うどん王国宣言‼」という本を出しています。

 

 

この本では埼玉県内を5つのエリアに分けて44店を紹介しています。

 

1位にこだわるのは、1位でなければ興味を持ってもらえないからではないでしょうか?

 

人間というのは1位は覚えていても、2位以下は覚えていないことが多いですね。

 

埼玉県は全国のうどん生産量2位なのですが、埼玉県民でどれくらいの人が知っているのでしょうか?

 

おそらく、知らない人が多いのでしょう。

 

だからこそ、永谷晶久さんは全国と埼玉県民に向けて「埼玉県は生産量だけでなく独特のうどん文化を持っている県」であることを認知してもらいたいと思っているのでしょうね。

 

では、埼玉県を日本一のうどん県にするにはどうすれば良いのかを見ていきます。

埼玉県を日本一のうどん県にするにはどうすれば良い

 

永谷晶久さんはただ「埼玉県を日本一のうどん県にしたい」と言っているわけではありません。

 

具体的にどうすれば、うどん生産量1位の香川県を抜いて埼玉県が1位になれるのかを提言しています。

 

永谷晶久さんによると、『埼玉県民一人ひとりが現在1ヶ月で食べているうどんに2杯加える』ことができれば晴れて埼玉県が香川県を抜いてうどん生産量1位になれるとのことです。

 

香川県民一人ひとりのうどん消費量は埼玉県よりも多いですが、香川県と埼玉県の人口は7倍の差があり、埼玉県が香川県を上回ります。

 

埼玉県の人口を活かす戦略というわけのようです。

 

では、次は永谷晶久さんおすすめの埼玉うどんをご紹介します。

永谷晶久さんおすすめの埼玉うどんと通販購入

 

永谷晶久さんによると、埼玉県には全部で25種類以上のうどん文化があり、代表的なものには下記のうどんがあり、おすすめとのことです。

 

 

  • 武蔵野うどん(埼玉県西部)
  • 煮ぼうとう(深谷市)
  • 熊谷うどん(熊谷市)
  • 加須うどん(加須市)
  • こうのす川幅うどん(鴻巣市)
  • 鳩ケ谷ソース焼きうどん(川口市)

 

 

おすすめの埼玉うどん

 

武蔵野うどん(埼玉県西部)

 

武蔵野うどんは埼玉県西部と東京都の多摩地区が発祥とする郷土料理とのことです。

 

特徴には次のようなものがあります。

  • 非常にコシが強い
  • つけ麺タイプ
  • 太麺
  • 茶色っぽい
  • 出しが利いた醤油味
  • 温かい肉汁に冷たい
  • 肉うどん

 

通販では下記のような商品が販売されています。

 

 

 

煮ぼうとう(深谷市)

 

 

煮ぼうとうは渋沢栄一さんが好きて食べていたと言われています。

 

特徴には次なようなものがあります。

 

  • 小麦を使った幅広の生麺
  • 地場野菜(深谷ねぎ等)
  • 醤油ベースでかぼちゃがひっていない

 

 

通販では、次のような商品が販売されています。

 

 

熊谷うどん(熊谷市)

 

 

熊谷うどんの特徴は次のようなものがあります。

 

  • 地場産の小麦使用
  • 香り豊か
  • 食感がツルツル、モチモチ

 

通販では、次のような商品が販売されています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

のぼり旗 埼玉名物熊谷うどん
価格:1408円(税込、送料別) (2020/7/21時点)

楽天で購入

 

 

加須うどん(加須市)

 

加須うどんの特徴は次のような部分です。

 

  • コシが強い
  • のどごしが良い
  • 盛りうどんを冷たいつゆ

 

 

こうのす川幅うどん(鴻巣市)

 

こうのす川幅うどんの特徴には次のようなものがあります。

 

  • 麺の幅が5cm以上
  • コシが強い
  • もちっとした食感

 

 

2015年「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」初優勝を飾ったうどんでもあります。

 

 

鳩ケ谷ソース焼きうどん(川口市)

 


引用元:https://chocotabi-saitama.jp/feature/udon/

 

このうどんは、町おこしのために開発されたうどんです。

 

特徴は「ソース」

 

地元にブルドックソースの工場があることから鳩ヶ谷市とソースを共同開発した特性ソースを浸かっています。

 

 

まとめ

 

埼玉県を日本一のうどん県にするべく頑張っている「永谷晶久」さんがマツコの知らない世界に出演するということで、永谷晶久に関する情報と埼玉県のご当地うどんをご紹介しました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました