【反応・まとめ】みちょぱへのセクハラ発言が気持ち悪い!でも本人は容認なぜ?

バラエティ

4月2日放送のアメトークで「みちょぱ凄いぞ芸人」が放送されました。

 

番組冒頭からひな壇の芸人から称賛されるみちょぱ。

 

なぜ、これほどまでにテレビに出続けて重宝されるのかがわかるような内容でしたね。

 

しかし、途中から雲行きが怪しくなってきます。

 

そうです。「みちょぱへのセクハラ」エピソードが話題になってからです。

 

内容は間違いなくセクハラ内容で、みちょぱと同性である女性の不快感はかなり高くなったようです。

 

しかし、みちょぱ本人は「問題ない」とTwitterに投稿しています。

 

この記事では、Twitterに投稿された「みちょぱへのセクハラ」エピソードに関する投稿をまとめつつ、みちょぱが「問題ない」と言っている理由をご紹介します。

 

そして最後に、アンガールズ田中はみちょぱへのセクハラ発言を行ったについて考察してみます。

みちょぱの凄いところ

 

まず最初に番組内で語られたみちょぱの凄いところを少しピックアップしてみたいと思います。

 

なぜなら、この中にセクハラ発言に大きく影響している部分があると考えるからです。

みちょぱは万能タレント

 

「かまいたち」の山内さんが語っていたことですが、

山内さんが言うには、みちょぱは、『いろんな枠を網羅』しているということ。

 

具体的説明すると、バラエティー番組には複数の枠があり、その枠に合ったタレントが集められて一つの番組を作り出しています。

 

枠については、下記のような枠です。

  • 若者枠
  • 女性・紅一点枠
  • モデル枠
  • コメント枠
  • リアクション枠
  • おバカ枠
  • 毒舌・ヒール枠

 

一つの番組で上記全ての枠のタレントが集められることは無いと思われますが、みちょぱはどの枠のタレントとしても適性があるとのことです。

 

プロの芸人にこのように評価されると、みちょぱも嬉しいでしょうね。

 

簡単に言えば、みちょぱは応用が効くタレントで、一人で何役もこなしてくれるタレントということです。

 

それでいて、出しゃばることなく、さり気ないトークのパス出しが出来るところが凄いとのこと。

 

自分がゴールを決めるのではなく、他のタレントのシュートをアシスト出来るところも凄いところとのことです。

 

更にいうと、『頭がいい』

 

セリフを台本通り言うだけでなく、同じ内容でありながら自分の言葉に変換して発することが出来るとのこと。

 

オアシズの大久保さんいわく、『最高級のホステス』のようだとか。

 

言葉のチョイスも秀悦のようですね。

 

気難しいおじさんタレントにも煙たがれずに好かれるのも魅力。

 

そう言えば、番組内で「ズバッ」とおじさんたちが切られる場面が出てきますが、大御所タレントも嫌がっていませんね。

 

ここまでの内容で感じたのは、全てではないもののバラエティー番組は様々な枠と役割があり、台本があるということです。

 

あらかじめ決められた枠の中で各タレントたちは臨機応変にトークを行っているんだということです。

みちょぱへのセクハラが気持ち悪い!

 

今回のアメトーク「みちょぱ凄いぞ芸人」において、途中から雲域が怪しくなってきました。

 

その理由は「セクハラ」です。

 

番組後半で、かまいたち山内さんが「みちょぱは下ネタに対する線引が絶妙」という話題のあとにアンガールズ田中さんが語った内容が女性を敵に回したのです。

 

どのような内容かというと、アンガールズ田中さんがロケの移動中の話をテーマに話はじめます。

 

ロケ場所の移動に40分ほどかかるらしく、その時間を利用して「みちょぱにセクハラしよう」となり田中さんはみちょぱに「乳首の色何?」って質問したんだそうです。

 

これは文句なしのセクハラですね。

 

田中さんは、みちょぱの返しが秀悦だったことを言いたかったようですが、この質問で女性の怒りが頂点に達したようでTwitterは大荒れです。

 

田中さんのセクハラ発言に「気持ち悪い」「許せない」という趣旨のコメントが次々に溢れます。

 

一番多くのリツイートといいねを集めたツイートが下記のツイートです。

 

 

上記のツイートから読み取れるのは、「バラエティ番組はセクハラ発言は大前提で、タレントのセクハラ発言をいかに嫌味なくいなす対応が出来るかが評価される事自体が気持ち悪い」ということ。

 

「タレント側はセクハラしたい放題で、あとは受け手がうまく対応して」と受け取られている方が多いように感じます。

 

確かに、番組内で語られたセクハラ発言はモロにセクハラ発言でした。

 

言い訳できないですね。

 

また、そのネタに乗ってくるタレントが笑っている姿も嫌悪感を与えたとようです。

 

この内容だけだと、アンガールズ田中さんがセクハラ発言をして気持ち悪いで済まされそうですが、ちょっと冷静に考えると違った面も感じ取れます。

 

それは、冒頭でお伝えしたとおり、「バラエティー番組には複数の枠と役割があり、台本がある」ということです。

 

アンガールズ田中さんのキャラは「キモキャラ」です。

 

「気持ち悪がられる発言」が求められるキャラで、番組のシナリオには田中さんのセクハラ発言が前提となってトークが回る設定になっていたら、田中さんとしても求められて番組に出演している以上、やらない選択肢はないでしょうね。

 

番組の最前線にいるタレントのセクハラ発言ですが、よく考えればタレントはテレビ局の意向に沿って行っているのであれば、そもそも番組を作るテレビ局側の責任は大きく、テレビ局の考え方が変わらなければタレントはどうしようもないですね。

 

バラエティ番組の仕組みをよく理解しているからこそ、みちょぱ自身はセクハラ騒動に次のようなコメントを残しています。

 


【みちょぱのツイート】

 

 


 

みちょぱ自身は、「タレントさんのセクハラを含む行動は本気ではない」から嫌だとは思っていない。また、自分は「役割を演じているから問題ない」と言っているようです。

 

そして、みちょぱ自身はセクハラトークがあってもスルーするスキルを身に着けているし、タレントさんも笑いに転化するスキルがあることも理解しているから問題ないと考えているようですね。

 

とは言っても、みちょぱだけの問題ではなくなっていることが、それぞれのツイートから見て取れます。

みちょぱへのセクハラに関するネットの声

 

みちょぱへのセクハラに関するツイートで多くリツイートされていたり、いいねが多いツイートを集めてみました。

 

 

まとめ

 

アメトークの『みちょぱ凄いぞ芸人』にて、みちょぱへのセクハラが話題になりました。

 

番組内で問題になったセクハラ発言は間違いなくセクハラでしょう。

 

しかし、冒頭でもお伝えした通り、バラエティー番組でのセクハラを防止しようとするならば、タレントや芸人よりもテレビ局や番組の姿勢を変える必要があると感じました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました