岡田健史(水上恒司?)の創成館高校野球部時代のかっこいい画像はコレ!

男優

2018秋ドラマとして放映される有村架純主演「中学聖日記」。

 

 

テレビ放映当初は思ったような視聴率を得られないばかりか、高校教師と生徒の恋愛に対して批判の声が高まっていました。

 

しかし、話が進むにつれてSNS上で評判になり、最終回を迎える頃には大人気ドラマとなっていました。

 

その立役者の筆頭が番組スタートでいきなり有村架純さんとキスシーンを演じた岡田健史さんです。

 

体格が良くかっこいい岡田健史さんですが、それもそのはずで中学の時から芸能事務所にスカウトを受けていたとのことです。

 

更にいうと、岡田健史さんは長崎県の創成館高校出身で野球部に所属していました。

 

ユニフォーム姿がかっこいいのです。

 

岡田健史さんは高校卒業後芸能界に入るわけですが、そのきっかけが野球部引退後に演劇部に入部して演じることに目覚めたことが雑誌で語っています。

 

 

この記事では、岡田健史さんの創成館高校野球部時代のイケメンキャッチャー画像を見つけましたのでご紹介します。

 

高校当時からイケメン・かっこいいと評判だった岡田健史さんの画像を御覧ください。


【関連記事】
岡田健史ファンによる「中学聖日記:4話」ベストシーン!
岡田健史ファンによる「中学聖日記:3話」ベストシーンと画像!
中学聖日記 平成2018年問題!計算(演出)それともたたの間違い!エンディングへの布石?


岡田健史さんのプロフィール

 

まずは、公式プロフィールに記載されている情報を御覧ください。

 

 

生年月日   : 1999年5月12日

出身地    : 福岡県

血液型    : O型

身長     : 180cm

趣味     : 筋トレ

特技     : 野球

 

上記のプロフィールをご覧頂くとわかると思いますが、本名が記載されていません。

 

ただ、この情報に下記の情報を加味して調べた結果、本名だけでなく、高校球児時代のイケメン画像を見つけました。

 

そして、野球のポジションも判明。

 

そのポジションはキャッチャー

 

当時からイケメンで知られている現巨人の小林誠司捕手と比べられるほどイケメンだったようです。

本名が「水上恒司」で出身高校が「創成館高校」説の根拠

 

 

そして、本名についてですが、上記の情報を元に調べたところ創成館高校出身の「水上恒司」さんという説が有力になりました。

 

その理由を説明させていただきます。

 

2017年8月24日に投稿された創成館高校演劇部のFacebookを御覧ください。

上記の「もっと見る」開いていただくと、配役決定の案内があります。

 

その中の「古賀正一」役を「水上恒司」さんが務めることが記載されています。

 

そして、「岡田健史」と「水上恒司」が同一人物説を確定的にするのがその下に記載されている文言です。

 

古賀正一役の水上君は、先日、野球部を引退した3年生です。
今回、この作品に出演してくれることになりました。ありがとうございます!

 

上記の記載から、「岡田健史」と「水上恒司」が同一人物説が有力になりました。

 

3年生が部活動を引退してから新たなクラブに入部する事自体珍しいですが、野球部を引退後演劇部に入部することも珍しいことですね。引退までの時間が短いことと、演劇を学時間がないですからね。

 

それが、入部即、役がもらえるなんて余程うまかったのかイケメンを買われてなのかどちらでしょうか?

 

次は、この情報から高校球児のキャッチャーイケメン画像を調べました。

 

見つかりましたよ。

 

どうぞ。

 

岡田健史(水上恒司):創成館高校野球部時代のイケメン画像

 

イケメン画像はTwitterから見つけてきました。

 

下記の画像は「すー@高校野球(写真)」の作品となります。

 

「すー@高校野球(写真)」は長崎県の高校球児の写真をTwitterで投稿されています。

 

撮影者の方は、水上さんの姿を撮影するつもりだったようです。

 

そんな時、水上くんが顔を出して挨拶してくれたそうですが、撮影者の「すー@高校野球(写真)」さんは長崎の高校球児の中では余程有名で顔見知りなんでしょうね。

 

このショットもかっこいいですね。

 

ヘルメット越しでもイケメンぶりがうかがえますね。

 

 

最近の芸能界では、サッカーのクラブチームに所属していたイケメン俳優竹内涼真君が大人気ですが、岡田健史(水上恒司)も180cmの長身とイケメン、そしてスポーツマンということで人気が出そうな予感です。

 

 

今回、岡田健史のドラマデビューが決まり、プロフィールには本名が記載されていなくても地元民にとっては有名人なので、すぐに判明してしまいますね。

 

ネット上の岡田健史(水上恒司)さんに関する評判を御覧ください。

ネット上の声

 

野球部を引退して入部した演劇部で即役をもらい、そして九州大会で最優秀賞って本当に凄いことですね。

 

岡田健史(水上恒司)さんも芝居の質を下げるような演技をしていないということですね。

 

創成館高校と野球部時代の岡田健史(水上恒司)さん

 

岡田健史(水上恒司)さんですが、創成館高校野球部時代は残念ながらレギュラーではなかったようです。

 

しかし、それも仕方ないですね。

 

その理由は、創成館高校野球部は長崎県の高校野球部では強豪校だからです。

 

2018年は長崎県予選を突破して甲子園に出場しています。

 

ただ、岡田健史(水上恒司)さんが野球部に在籍していた当時は残念んがら予選敗退となっています。

 

創成館高校に勝ったのは波佐見高校。

 

波佐見高校も甲子園常連校ですね。

 

最後に創成館高校について簡単に説明させていただきます。

創成館高校

 

 

創成館高校は、1962年に「九州経営学園高等学校」として長崎県諫早市に設立されました。

 

設立から11年後の1973年に校名が「協立高等学校」に改称され、その15年後の1988年に現在の校名である「創成館高校」となっています。

 

創成館高校野球部

 

 

創成館高校野球部は学校が設立された1962年に創部されました。

 

これまで甲子園にも5度出場している長崎県でも野球強豪校の1つとなっています。

 

夏の大会は2回、春の大会は3回甲子園に出場しています。

 

直近6年間では4度甲子園に出場しており、次のような結果となっています。

 

【春】

2013年:初戦敗退(仙台育英戦)

2014年:初戦敗退(駒大苫小牧戦)

2018年:準々決勝敗退(智弁学園戦)

 

【夏】

2015年:2回戦敗退(健大高崎戦)

2018年:初戦敗退(創志学園)

 

 

2018年の夏の甲子園にも出場していましたが、岡山県代表の創志学園に「4-5」で惜敗しました。

 

しかし、春夏連覇を狙う大阪桐蔭高校を昨年の神宮大会では破っていますので強豪チームであることは間違いないですね。

 

 

岡田健史さんの次回作品はまだ?いつから?

 

中学聖日記で大人気となった岡田健史さんですが、中学聖日記後は目立った活動はしていないようですね。

 

ファンとしては次回作品が待たれるところです。

 

ファンの方であれば既にチェック済みだと思いますが、春ドラマ(2020年4月-6月)に出演することが決定しています。

 

それも2本。

 

1つ目が、FODドラマ『いとしのニーナ』

 

2つ目がTBS系ドラマ『MIU404』

『MIU404』については、新型コロナウイルスの影響で放送延期になっていますので、ファンにとっては、放送開始が待ち遠しいところですね。

 

まとめ

 

岡田健史(水上恒司)さんが俳優デビューするということで、公式プロフィールには記載されていない本名や出身高校の情報をお知らせするとともに、高校時代のイケメン画像もご紹介しました。

 

当時から、相当のイケメンだったんですね。

 

中1の時からスカウトされていたこともうなずけます。

 

今後、有村架純さんの相手役を務めることで一気に注目され、イケメン俳優の仲間入りを果たすことでしょう。

 

これから注目ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました