みるきー(渡辺美優紀)事務所移籍で復帰って吉本系列だと意味ないじゃん2年縛り!

アイドル

元NMB48の2枚看板のひとり、みるきーこと渡辺美優紀さんが復帰することが明らかになりました。

引退から2年での復帰で、事務所も吉本系列の事務所に移籍したとのことです。

でも、なんで吉本系列の事務所なのでしょう。

この2年はなんだったのでしょうか?


【関連記事】
渡辺美優紀にあった「妊娠中って本当?」「ゴム持ってる!」の噂の真相!
NMB48奴隷契約書の正体がついに明らかに!2年縛りの真実!【動画あり】


2年縛りはなんだったのか

今回、みるきー(渡辺美優紀)が芸能界に復帰することは喜ばしいことです。

でも、解せないのが所属事務所です。

 

みるきー(渡辺美優紀)が新しく所属する事務所は「roundcell(ランドセル)」という事務所です。

この「roundcell(ランドセル)」事務所は吉本系列の事務所で、2018年設立の事務所です。

そう、今年設立された事務所なのです。

 

他の所属タレントを調べようとしましたが、なんの情報も得られません。

 

なぜ、みるきー(渡辺美優紀)は吉本系列の事務所に移籍したのでしょうか?

 

この2年間、みるきー(渡辺美優紀)は某温泉のイメージキャラクターになってイメージビデオに出演したり、企業のイメージキャラクターになったり、インターネット配信番組でチャンネルを開設したりしてきました。

 

しかし、どれも公になるとすぐに潰されてきました

 

これが噂の「2年縛り」だと言わています。

 

NMB48が吉本から強いられてきたと噂の「奴隷契約書」については下記の記事に書いていますので御覧ください。

>>> NMB48奴隷契約書の正体がついに明らかに!2年縛りの真実!【動画あり】

 

NMB48を卒業したメンバーは吉本系列の事務所に残って芸能活動を続けるか、卒業から2年間が経過するまで芸能活動を休み、その後他の事務所に移籍して芸能活動を続けるか、芸能界から去るかです。

 

NMB48の卒業生でも山田菜々、小笠原茉由、高野祐衣、門脇佳奈子、三秋里歩、須藤凛々花などは吉本の子会社である「Showtitle」に所属して、卒業後すぐに活動を開始しています。


引用元:Showtitle

それ以外の他事務所に移籍したメンバーは卒業から2年間は事務所に所属せず、2年縛りが開けてから新しい事務所に移籍しています。

 

みるきー(渡辺美優紀)の場合は「Showtitle」に所属しなかったので、吉本系列ではない事務所への移籍を考えているのだと多くの人が思っていました。

 

しかし、2年縛りが開けた今、芸能界復帰が報道されて所属事務所をみてみると吉本関係の事務所であることが明らかになりました。

 

 

吉本系列の事務所で良いのなら、2年縛りの影響を受けなくて済んだんじゃないのか?

 

なんか、前所属事務所「KYORAKU吉本.ホールディングス」とみるきー(渡辺美優紀)の間で交渉が行われ、お互いにメリットある契約になったのでしょう。

 

 

もしかしたら、みるきー(渡辺美優紀)所属する「roundcell(ランドセル)」はみるきー(渡辺美優紀)のために設立された事務所だったりして。

 

ここで、吉本とみるきー(渡辺美優紀)が手を結ぶことで得られるお互いのメリットを考えてみましょう。

 

みるきー(渡辺美優紀)と吉本のそれぞれのメリット

 

みるきー(渡辺美優紀)のメリット

みるきー(渡辺美優紀)のメリットとして一番大きいメリットは

『吉本系列事務所に所属することでNMB48時代の楽曲が使える』

ということでしょう。

 

今回、みるきー(渡辺美優紀)の復帰にあたり、誕生日に合わせてライブを開催することが発表されています。

ライブということは歌を歌うはずです。

歌と言っても自身名義でCDを出したことはありませんし、もともとみるきー(渡辺美優紀)は歌が苦手だと公言していたほどです。

 

復帰イベントで多くのファンを集めるのにライブはもってこいの企画です。

その復帰イベントでNMB48時代の楽曲が使えるのは大きなメリットとなるでしょう。

 

吉本側のメリット

吉本側のメリットを考えてみると次のようなことがあるでしょう。

『タレント性が高い渡辺美優紀を手元における』

 

みるきー(渡辺美優紀)といえば、NMB48だけでなく、AKB48グループの中でも知名度が高いメンバーでした。

 

これほど知名度の高いメンバーを一から育てる必要がないだけでも大きなメリットです。

 

現在の知名度をベースに新たな活動をすることで売り出していくことが出来ます。

 

 

まとめ

「2年縛り」が開けてみるきー(渡辺美優紀)が所属する事務所が吉本関係と聞き耳を疑いました。

「そんなの意味ないでしょ!」と。

でも、みるきー(渡辺美優紀)も復帰にあたって交渉を重ねるうちにメリットを感じたのかもしれませんね。

 

そして、所属事務所「roundcell(ランドセル)」は2018年設立とのことですので、この事務所を設立することも条件だったかも。想像ですが。

 

でも、芸能界復帰が決まりましたので頑張って欲しいですね。

 

コメント