エアコンの臭い匂いを一瞬で簡単に消す方法!原因と対策で酸っぱい臭いともおさらば

ノウハウ

夏や冬が近づくとエアコンを使う機会が増えてくると思います。

 

久しぶりにエアコンを使った時に感じるのが、「なんか変な臭いがする」「酸っぱいにおいがする」ということです。

 

日常的にエアコンを使っている時には感じなかったカビ臭い匂いがすることもあります。

 

匂いと言っても、それぞれの環境によって匂い自体が違ってきます。

 

この記事ではエアコンの匂いを一瞬で簡単に消す方法についてお伝えしたいと思います。

エアコンの匂いが臭くなる原因と正体

 

 

まず最初に、エアコンから出てくる匂いが臭くなる原因について確認しておきましょう。

エアコンの匂いが臭くなる原因

 

エアコンについて思い違いをしている方が多いことがあります。

 

それは、エアコンから出てくる空気は「室外の空気を取り込んでいるのではない」ということです。

 

どういうことかと言うと、エアコンは室内の空気を取り込み、冷房の場合は冷やして室内に戻しますし、暖房の場合は暖かくして室内に戻します

 

エアコンは「室外機から外気を室内に取り込んでいるわけではないということです。

 

室内の空気が汚れていればエアコンに取り込まれる空気も汚れていますので、エアコン内やフィルターが汚れることになります。

 

実はこのことが、エアコンから出てくる匂いを臭くする原因となるのです。

 

次は、エアコンから出てくる臭い匂いの正体をみていきましょう。

エアコンから出てくる臭い匂いの正体

 

エアコンから出てくる臭い匂いの正体には次のようなものがあります。

  • 人臭
  • 衣類臭
  • じゅうたん臭
  • タバコ臭
  • 化粧品臭
  • 家具臭

 

人臭

 

人臭は人間が生活する上で発する臭いのことで、具体的には「皮脂」や「汗」「息」などが該当します。

 

体から出る脂や汗、息などは枕や服に吸収されますので、強い臭いをしていること気づいている人も多いと思います。これらの臭いがエアコン内部に取り込まれることで臭い臭いを発するようになるのです。

 

衣類臭

 

衣類臭は衣類などに染み込んでいる匂いのことです。

 

衣類については、洗濯したあとでも洗剤や柔軟剤の匂いがしますし、洋服ダンスにしまっていても、いざ着ようと思った時には、しまったときとは異なる匂いを発しています。

 

きれいな衣類でも匂いを発しますので、夏場の汗や皮脂が染み込んだ衣類を着ているとその匂いもエアコン内に取り込まれることになります。

 

じゅうたん臭

 

じゅうたん臭はじゅうたんに染み込んでいる匂いのことです。

 

じゅうたんは布団のように簡単に干すことや洗うことはできませんので、住んでいる住人の匂いやペットを飼っている場合はペットの匂い、食べ物の匂いなど部屋の匂いが染み込むことになります。

 

じゅうたんの匂いもエアコン内部に取り込まれることで臭い匂いの原因になるということです。

 

タバコ臭

 

タバコ臭に関しては、タバコそのものの匂いもあれば、タバコの煙の匂いもあります。

 

タバコの匂いについては、改めて説明するまでもありませんね。室内でタバコを吸っている場合はタバコから発せられるニコチンなどもエアコン内部に取り込まれることになります。

 

化粧品臭

 

化粧品臭は、化粧品から発せられる匂いです。

 

化粧品の匂いについては、思った異常に強い匂いをしています。同じ匂いであっても好きな匂いと感じる一方で嫌いな匂いと感じる方がいますので強い匂いには違いないと考えられます。

 

家具臭

 

家具臭については、さまざまな家具から発生られる匂いです。

 

家具については、使われている材質によって匂いは違いますし、使われている材料の量や種類によっても匂いは違ってきます。

 

先程お伝えしたとおり、エアコンが設置してある室内の匂いを含んだ空気がエアコン内部に取り込まれて部屋に戻されます。

 

この循環を通じて、部屋は冷やされたり、暖められたりしていくのです。

 

この循環を繰り返していくうちに、エアコン内部のさまざまな機器(熱交換器など)に取り込まれた匂いが付着することで、エアコンから臭い匂いを発せられるようになります。

 

もうおわかりだと思いますが、エアコンの臭い匂いを消すには、エアコン内部に付着したニオイの基を取り除くことが必要なのです。

 

しかし、どうやって匂いを消すのかがわかれば苦労しませんね。

 

ここで、この臭い匂いを一瞬で消す方法をご紹介します。

エアコンの臭い匂いを一瞬で消す方法

 

 

エアコンの臭い匂いを一瞬で消す方法ですが、エアコンを開発している電機メーカーが推奨している方法ですので、一度試してみる価値はあると思います。

 

  1. 部屋の窓を開ける
  2. エアコンの設定温度を一番低く(16度、18度など)に設定する
  3. エアコンを1時間可動する

 

部屋の窓を開けることで換気をします。

 

新鮮な外気を室内に取り込むことで、きれいな空気がエアコンに取り込まれることになります。

 

エアコンの設定温度を一番低く設定するのは、エアコン内の汚れやエアコン内部の結露水を排水するためのドレン管の汚れを洗い流すためです。

 

エアコンの設定温度を一番低く設定することでエアコン内部は空気を冷やすための熱交換器に結露(水滴)が付着します。この結露を水滴にして排出する必要があり、この時排出する水滴をドレン水といいます。

 

ドレン水はドレン管によって室外に排出されますが、この時にエアコン内部やドレン管内部の汚れをドレン水が押し流してくれることで、臭い匂いの原因となるものもなくなるということです。

 

そのため、エアコンの設定温度を低く設定して、臭い匂いの基となる物質を結露させ、ドレン水として室外に排出できるようにすることが重要なのです。

 

時間は1時間程度行うことで効果が感じられると言われています。

 

ただ、ひとつ注意があり、この作業中は部屋から出ておくことが望ましいです。

 

どうしても臭い匂いが消えない場合

 

どうしてもエアコンの臭い匂いが消えない場合は下記のようなハウスクリーニング業者に相談してみるのも一つの手段だと思います。

>> ハウスクリーニングの【お掃除マスター】

 

まとめ

 

エアコンの臭い匂いを一瞬で簡単に消す方法というテーマでお伝えしました。

 

エアコンから出てくる匂いが臭くなるのは理由がありますので、臭い匂いの原因を理解したうえで、臭い匂いの基を取り除くための対策を行うことで酸っぱい臭いともおさらばしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました