大島てるwikiプロフィール(本名、出身校等)と事故物件サイト立ち上げ理由

バラエティ

大島てるさんについては、テレビ出演などにより名前を聞いたことがある、顔を見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

大島てるさんといえば「事故物件サイト運営者」と認識されている方が多いのではないでしょうか?

 

事故物件については、日頃気にすることはないと思うのですが、いざ引っ越しをすると言った時には気になるものです。

 

特に霊感の強い人にとっては強い味方になるのは間違いありません。

 

大島てるさんはなぜ事故物件サイトを立ち上げたのか、また、大島てるとはどのような人物で、名前は本名なのか、出身校はどこなのかなどについてお伝えします。

 

大島てるによるヤバい事故物件の見分け方と最もコワい事故物件とは
事故物件公示サイトを運営している大島てるさんが、2020年6月19日の「爆報!THE フライデー」に出演されます。 6月19日(金)よる7時放送『爆報!THE フライデー』専門家・大島てるが借りたらヤバい事故物件の見分け方を徹...

 

大島てるwikiプロフィール

 

大島てるさんについてはあまり多くの情報は公開されていないのですが、wiki風プロフィールでご紹介します。

 

名前 大嶋てる(おおしまてる)
本名 大島学(おおしままなぶ)
生年月日 1978年
出身校(経歴)
  • 巣鴨高校
  • 東京大学経済学部
  • コロンビア大学大学院中退
職歴 不動産業(大家、地主)

事故物件サイト(大島てる)の運営

 

大島てるさんと聞いてまず最初に気になることは「大島てる」が本名なのかについてです。

 

なぜなら、大島てるさんはこの名前で活動されていますし、運営されている事故物件サイトの名前も「大島てる」だからです。

 

結論から言うと、大島てるは本名ではありません

 

本名は「大島学」です。

 

生年月日については月日についてはわからないのですが、生まれた年についてはわかっており「1978年」生まれですので、2020年現在は42歳か43歳ということになります。

 

出身地については明らかにされていませんが、3歳から7歳まで海外(アメリカ、オーストラリア)で過ごしています。海外で暮らしていたのは父親だ大学教授ということですので、父親の転勤に伴ってのことでしょう。

 

大島てるさんの出身校についてみてみると、お父様が大学教授ということが影響しているのかかなり優秀です。

 

高校は巣鴨高校を卒業後一浪したのち東京大学経済学部に入学し卒業。その後、アメリカのコロンビア大学大学院に入学しますが中退しています。

 

その後は、 不動産関連の仕事をするのですが、このことが「大嶋てる」と関係します。

事故物件サイト「大島てる」を立ち上げた理由

 


出典:https://www.oshimaland.co.jp/

ここでは、大島学さんが「なぜ大島てる」を名乗るのか、また、事故物件サイトを立ち上げた理由は何なのかについてお伝えします。

大島てるとは?なぜ「大島てる」を名乗るのか?

 

大島学さんは、「大島てる」として活動し、自ら運営する事故物件サイト名称や運営会社にも大島てるを用いています。

 

「大島てる」とは何なのかが気になるところですが、大島てるとは大島学さんの祖母」の名前なのです。

 

祖母である大島てるさんは、大島学さんが働いていた不動産の賃貸や管理を行う会社の代表だったとのこと。

 

また、明確に明らかにされていませんが、大島学こと大島てるさんは、小学校6年生の時にお母様を亡くされており、お母様が亡くなられてからは祖母に育てられたということです。

 

このことが「大島てる」を名乗っていることと大きく関係していると考えます。

 

事故物件サイトを立ち上げた理由

 

 

事故物件サイトを立ち上げた理由ですが、大島てるさんが不動産関連事業を行っていたことはお伝えしました。

 

不動産を賃貸するためには土地を購入したり、マンションや家を購入することになります。

 

その時、購入した後になってからその土地や建物が事故物件だったと明らかになることが多かったそうです。

 

「あらかじめ事故物件だと分かっていれば購入しなかった、賃貸契約しなかった」と不動産を購入した後や賃貸契約を締結したあとに後悔した人は多いという現実から、事実を知らせるためにサイトを立ち上げたとのことです。

 

 

事故物件サイト「大島てる」の特徴

 

 

事故物件サイト「大島てる」の大きな特徴は以下の通りです。

 

  • 無料で活用できる
  • 自己物件情報は全国から寄せられ確認してからサイトに掲載する
  • 事故物件であることを隠すための依頼には応じない
  • グーグルマップを用いており視覚的に操作できる
  • 住所でも検索出来る

など

 

大島てるさんが運営されている事故物件サイトは、誰もが無料で活用できます

 

事故物件サイトに掲載されている情報については、当初は東京23区だけが対象だったとのことですが、現在では日本全国が対象となっており、一部海外についても対象となっています。

 

事故物件情報については、全国から情報が寄せられスタッフが確認したあとサイトに掲載されるということです。

 

ただ、サイト掲載後に誤りが判明した場合にはサイトから削除するとのことですが、事実を隠すためのサイトからの削除依頼については応じないとのことです。

 

また、サイトの操作性については、 Google マップがベースとなっていることもあり、視覚的に操作ができますし、住所が分かっている場合は郵便番号や住所を入力することで目的の情報まで短時間でたどり着くことも可能となっています。

 


出典:https://www.oshimaland.co.jp/

 

まとめ

 

この記事では、大島てるさんのwiki風プロフィール情報をお伝えした後、なぜ「大島てる」をな名乗っているのか、「大島てる」は何なのか、なぜ事故物件サイトを立ち上げたのかについてお伝えしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました