夏井いつきは病気じゃないのに噂が出る原因は何?

現在、TBS系列で放送されている人気番組プレバトの名物コーナーを担当している夏井いつきさん。

俳句コーナーでの毒舌が印象的です。

元気いっぱいの夏井いつきさんですが、ネット上では「病気では?」と話題になっているようです。

テレビで拝見刷る限り、夏井いつきさんが病気とは思えなかったので真相を調べてみました。

関連記事

TBS系列の人気番組プレバトで俳句の先生をしている夏井いつき先生。 今でこそ俳句の毒舌でありながら俳句への愛情が深いことが伝わってきますが、これまでの人生は様々な試練を経験してきていますね。 元夫やその両親、自分の両親の病気と看[…]

関連記事

夏井いつき先生といえば、 TBS 系列の人気番組プレバトで俳句の先生として頑張っていることは皆さんご存知だと思います。 風格から感じるところを申し上げると、俳句業界ではかなりの功労者なのではないでしょうか。 素人目から判断すると[…]

夏井いつきが病気との噂が出る原因はなぜ?

夏井いつきさんといえば、プレバトでの毒舌で梅沢富美男さんに対しても「おっさん」と呼ぶ姿を思い浮かべます。

ここ数年間テレビを見ていて、とてもじゃないですが病気になったとは思えません。

プレバトには様々なコーナーがありますが、俳句は特に人気があるのか頻繁に放送されますので、病気でお休みだったら誰の目にも明らかになると思うのです。

では、なぜ夏井いつきいつきさんが病気と言われるのか気になって調べてみました。

結論から言うと、夏井いつきさんは病気には罹患していません

それなのにこのような噂が出る原因をお伝えします。

前夫家族の病気と介護

夏井いつきさんは、2度結婚されています。

一度目の結婚は25歳の時です。

夏井いつきの夫の両親の病気

夏井いつきさん夫婦は夫の両親とは別に暮らしていましたが、同居することになります。

それは、夏井いつきさんの夫のお父様が亡くなったのです。

このことは、夫の母親にはショックで体調を崩されたとのことです。

体調を崩すのも一時的なものだったら回復したのですが、夫の母親は老人性うつ病になったとのことです。

年老いた夫の母親をひとりに出来なかったからだと思うのですが、夏井いつきさん夫婦は夫の実家に移住し同居する事になったようなのです。

しかし、ここから歯車が狂ったようです。

この時、夏井いつきさんは教師の職を辞して移住されています。

知らない土地に移り住むだけでなく、夫の母親の介護がスタートします。

夏井いつきの実母の病気

夏井いつきさんは夫の母親と同居して介護生活をスタートさせますが、今後は夏井いつきさん本人の母親の病気が発覚します。

夏井いつきさんの母親の脳腫瘍が発覚するのです。

夏井いつきの夫の病気

夏井いつきさんは母親を自宅に呼び寄せ、一緒に暮らすようになります。

しかし、義母と実母の関係は芳しくありません。

とうとう夏井いつきさんの夫はうつ病を発症してしまいます。

夫と夫の母親二人がうつ病とは想像するだけでも大変です。

そこに、実母の病気となれば苦労は想像に難しくありませんね。

このようなことがあり、離婚となったようです。

現夫の病気発覚

夏井いつきさんはその後、博報堂に勤める加根光夫さんと再婚されます。

現在は、夏井いつきさんのマネージャーをされているとのことです。

しかし、今から7年前の2015年に夫である加根光夫さんの病気が明らかになります。

病名は「肺がん」です。

夏井いつきが病気との噂が出る原因

ここまでお伝えした通り、夏井いつきさん自身が病気になったという事実は見つけられません。

しかし、夏井いつきさんの家族に病気となったエピソードが複数あります。

これらのプライベートな情報が噂になるということは、夏井いつきさん自身がテレビや雑誌、または講演会などで話されたのかもしれませんね。

夏井いつきの俳句のテーマが影響?

もうひとつ、夏井いつきさんと病気の関係が話題なる理由のひとつを見つけました。

夏井いつきさんの著書。

病気に関するテーマを俳句で読まれているようです。

もしかすると、このことが夏井いつきさんと病気の関係を語るうえで関係性が強いのかもしれません。

まとめ

夏井いつきさんが「病気」というキーワードで人々の関心を読んでいることに対して、理由を調べた結果をご紹介しました。

夏井いつきさんが病気ではなく、夏井いつきさんのご家族の病気エピソードのインパクトが強いことからネットで拡散されているようです。

また、これらの経験からなのか病気などをテーマにした俳句を数多く詠まれているので、これが一番の原因かもしれませんね。

現在は、プレバトで俳句の人気講師となった夏井いつきさんですが、これからもお体に来と受けて頑張っていって頂きたいと思います。