ドラマ「ゆるキャン△」の再現度が高い場面(ロケ地・キャラクター等)を集めてみた!

ドラマ

実写(ドラマ)版「ゆるキャン△」の放送が開始されました。

人気漫画やアニメの実写化については、昔から原作ファンに嫌われる傾向があります。

なぜなら、原作を読んで自分の頭の中で作られていたイメージが崩されるからですね。

アニメ化も同様で、 声優の声や話し方が自分のイメージと異なると一気に冷めてしまいます。

ゆるキャン△の実写ドラマ化はどうかと言うと、すこぶる評判が良いのです。

その理由はただ一つ、実写ドラマ化を行うにあたって原作へのリスペクトが半端ないからですね。

ドラマを観た視聴者からは次のようなコメントが多数投稿されています。

それは、 原作の中で登場する場面が実際の街であったり、山であったり 、風景であったりが現物を忠実に再現されているのです。

 

現物の再現という意味では、1話の中で登場するいくつもの画面で確認できます。

さらに言うと、5人のキャラクターが原作のキャラクターにあった人物を見つけてきて、話し方や表情までが原作を忠実に再現しようという心がけが感じられるのです。

この記事では、ゆるキャン△の実写化にあたって、これまで放送されてきたものだけでなく、これから放送されるであろう再現度の高い場面について具体的にお伝えします。

これから放送されるであろうという部分については、実写ドラマの1話と2話のとアニメを見比べる限り、原作とアニメを忠実に再現していることがわかりますので、アニメ版に登場した再現性の高い場面についてお伝えします。

それでは見ていきましょう。


【関連記事】

【ネタバレ注意】ゆるキャン△(実写)1話のあらすじ・感想と注目のロケ地
ゆるキャン△(実写)1話のあらすじ・感想と注目のロケ地についてお伝えします。あらすじについては、放送前に発表されたものに加えてネタバレ形式でわかりやすくご紹介しますが、番組をご覧になっていない方はネタバレになるのでご注意願います。
【ネタバレ注意】ゆるキャン△(実写)2話のあらすじ・感想と注目のロケ地
ゆるキャン△(実写)2話のあらすじ・感想と注目のロケ地についてお伝えします。あらすじについては、放送前に発表されたものに加えてネタバレ形式でわかりやすくご紹介しますが、番組をご覧になっていない方はネタバレになるのでご注意願います。
【ネタバレ注意】ゆるキャン△(実写)3話のあらすじ・感想と注目のロケ地
ゆるキャン△(実写)3話のあらすじ・感想と注目のロケ地についてお伝えしますが、現時点ではドラマ版が放送されていませんので、アニメ版をもとにお伝えしました。ドラマ放送後に修正させていただきます。

1.ドラマ「ゆるキャン△」の再現度が高い場面

まず、キャラクターから見ていきましょう。

主役の志摩リン役の福原遥ちゃんも原作のイメージを崩さずに演じていますし、原作やアニメのイメージにぴったりです。

しかし、実写版ゆるキャン△の視聴者さんから再現性が高いと評判なのが、野外活動サークルの部長である大垣千明。

大垣千明役は田辺桃子ちゃんが演じています。

そして、もうひとり各務原なでしこ役の大原優乃ちゃんも原作やアニメのイメージを壊さずにぴったりな役なのではないでしょうか。

(1)キャラクター

大垣千明

大垣千明といえば、チャームポイントの前髪。

歌手の三戸なつめさんを彷彿させる前髪ぱっつんが印象的です。

大垣千明は田辺桃子ちゃんが演じているのですが、普段の印象とかけ離れすぎて初めは誰なのかわからなかったほどです。

上記をご覧いただくとアニメ版の大垣千明をできるだけ再現しようとしているのがわかると思います。

アニメ版では前髪ぱっつんが極端ですが、原作ではアニメ版ほど極端ではなく、ドラマ版に近いということで、原作ファンからは特に好評のようです。

実写版ゆるキャン△を観た視聴者さんからは下記のようなツイートがたくさん投稿されています。

実際の田辺桃子さんは美人さんなので、大垣千明とのギャップにもやられますね。

実上記画像の下段は各務原なでしこの姉であるやなぎゆり菜さん演じる各務原桜です。

各務原なでしこ

主役の志摩リンと同様にゆるキャン△にはかかせないキャラクターが各務原なでしこ。

主役と言っても良いほど登場するキャラクターです。アニメ版では主役扱いだったという話もあります。

かわいらしさだけでなく、原作やアニメの声とも違和感なく、台詞回しも可愛らしく演じています。

 

各務原なでしこ役の大原優乃ちゃんの天真爛漫さと甘えた声のセリフがイメージとぴったりです。

 

(2)ロケ地

ここでは、既にロケ地として撮影されている場所だけでなく、アニメ版が原作に忠実だという前提で、今後実写版でも登場するであろうロケ地や再現性の高いセットも含めてご紹介します。

高ボッチ高原

長野県岡谷市にある高ボッチ高原です。

上段がアニメ、下段が実写ですが、パット見では区別がつかないほど似ていますね。

 

内船駅

山梨県南巨摩郡南部町にある内船駅です。

内船駅の中と外の場面ですが、本当に細部まで再現されています。

 

スーパーマーケット

霧ヶ峰駐車場

長野県諏訪市にある霧ヶ峰駐車場です。

山梨市駅前とフルーツ公園(笛吹公園)

山梨市駅前とフルーツ公園(笛吹公園)については、4話と5話に登場する要諦です。

山梨県でロケが行われたとのことで、山梨県観光協会が発表していますので確実にドラマに登場するでしょう。

キャンプ場受付

山梨県南巨摩郡身延町にある浩庵キャンプ場の受付です。

ふもとっぱら

静岡県富士宮市にある「ぶともっぱら」です。

忠実に再現されていますね。

(3)場面

部室

本を読むリン

この場面は志摩リンが本を読むシーンですが、リンが本を読むシーンだけでなく、読んでいる本まで再現しているところが驚きです。

髪型

志摩リンの髪をクマヘアーにアレンジするシーンです。

志摩りんの「おいやめろ」のセリフも見事に再現していましたね。

各務原なでしこの姉(桜)の車

各務原なでしこの姉である桜の車です。

原作では車種であるラシーンは表立って出てこないようですが、車の形からして間違いなく日産ラシーンですね。

ラシーンと言えばドラえもん、懐かしいですね。

 

志摩りんがキャンプで料理しようとする場面

この場面も忠実に再現されています。

雑誌

アニメ版に登場する架空の雑誌まで再現されています。

なでしこがラーメン食べるシーンとリンがなでしこ見送るシーン

上記画像では、ラーメンの銘柄まではわかりませんが、別画像では銘柄も再現されていました。

身延町並み

見延町の町並みの再現も見事です。

まとめ

 

実写ドラマ版「ゆるキャン△」が原作やアニメの再現度が高いということで、具体的な場面をご紹介しました。

今回ご紹介した場面はまだ放映されていない場面がありますが、アニメ版で原作を再現している場面がありますので今後放映されるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました