嬬恋村(群馬県)が孤立状態!道路寸断、断水・停電等被害状況まとめ!

ニュース

台風19号の通過により、全国各地で堤防決壊や越水などの被害情報が伝えられています。

ただ、全ての被災地と被災状況をメディアで紹介されるまでは時間を要します。

今回は、孤立状態となっている群馬県嬬恋村の被害状況をお伝えします。


【台風19号関連記事】

【茨城県】那珂川氾濫でひたちなか市、水戸市等が被害!なぜ報道されない?
台風19号による川氾濫が各地で発生していますが、茨城県那珂川氾濫で越水などの被害が報告されています。ひたちなか市や水戸市等に関するツイッターの情報を元に被害状況をまとめてみました。
八ッ場ダムの奇跡!吾妻川、利根川を救った?治水事業が功を奏す!
台風19号は東海地方、関東地方、東北地方と大きな被害をもたらしており、複数のダムでは貯水量が限界に達し放流が実施されました。群馬県にある八ッ場ダムは試験的な運用だったものの、吾妻川、利根川に流れ込むだった大量の水をダムで蓄え、川の氾濫を防ぎました。八ッ場ダムの貯水前の状況と後を比較して八ッ場ダムの奇跡をみていきます。
【台風19号】静岡県(静岡市、沼津市等)冠水情報!狩野川の状況についても!
台風19号が静岡県から神奈川、東京へと北上しています。この記事では既に発生している冠水情報(静岡市、沼津市等)と氾濫危険性が高くなっている狩野川の状況についてお伝えします。

群馬県嬬恋村が孤立状態

 

まず、現在の嬬恋村ですが、自衛隊が救助に向かえない状況とのことです。

 

上記の画像を見ると、川沿いの道が崩落しています。これでは、この道を通っての救助は難しいでしょう。

当然ですが、川は濁流が勢いよく流れているので使えません。

また、線路も倒木によって寸断されています。

ガソリンスタンドも画像では浸水した水が引いた状態だと見受けられますが、すぐに営業を再開出来るかはわかりませんね。

このような状況もあって、嬬恋村は孤立しているだけでなく、断水、停電とライフラインに大きな影響を与える状況となっています。

 


街の中の様子は下記のようになっています。

 


昨年の西日本豪雨の広島県の被災地を見ているような惨状です。

土砂崩れがおきていますので、今かろうじて踏ん張っている家も迅速な対応をしなければ、次の雨で持つかわかりません。

下記は、実家兼会社が流されたというツイッターの投稿です。

 


かなりの量の濁流が流れてきたからか、元の状況がわからないほど変わってしまっています。

よく見ると、道路されも損壊していることがわかります。

その他の被害状況画像を載せておきます。

 

 

 

ツイッターによる情報ありがとうございました。

 

【追記】

14日以降の嬬恋村の被害状況をツイッター画像を中心にまとめましたのでご覧下さい。

【台風19号】嬬恋村の最新被害状況をツイッター画像で確認(10月15日現在)
台風19号により嬬恋村は川の決壊による越水で道路陥没、土砂崩れ、電柱倒壊が発生しました。その結果、ライフラインである水、電気が止まっています。14日以降の(10月15日現在の最新被害状況をツイッター画像で確認します。

まとめ

 

群馬県嬬恋村が現在孤立状態にあることをお伝えするとともに、画像をもとに現状をお伝えしました。

画像を見る限り、孤立するのも無理はないと感じる状況です。

中でも道路が壊れていたり、断水、停電とライフラインに大きな影響が出ていることが気になります。

これらの情報が少しでも復興の手助けになれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました