白山高校野球部情報(監督、部長、メンバー、出身中学、偏差値等)

高校野球

別記事で、白山高校が「まるでリアルルーキーズだ!」といわれる理由についてご紹介させていただきました。
>>> 白山高校がリアルルーキーズだと言われる理由!

そして、女性部長である河本部長について「野球との関わりと経歴」についてもご紹介させていただきました。
>>> 川本牧子部長(白山高校)の野球との関わりと経歴!

 

この記事では、「白山高校野球部」に注目してご紹介させていただきます。


【関連記事】
白山高校が下剋上(甲子園出場)を果たした4つの秘策!(NEW
白山高校が甲子園見学会でびっくりした数々!見学会って何?


白山高校野球部歴史

白山高校は三重県の公立高校で「1959年4月」に設立されています。

野球部はいつ創部されたのかを調査しましたが、詳細についてはわかりませんでした。

しかし、白山高校の成績記録を見つけたところ、「2006年夏」からの記録が残っていました。

 

2018年三重県予選で優勝するほど野球が強い強豪校でなかったことは明らかです。

2006年から2018年までの戦績を御覧ください。

 

全国高校野球選手権大会三重県予選

2006年 3回戦敗退(三重高校 10-0 白山高校)
2007年 2回戦敗退(桑名北高校 11-0 白山高校)
2008年 2回戦敗退(水産高校 4-2 白山高校)
2009年 2回戦敗退(桑名高校 20-1 白山高校)
2010年 2回戦敗退(津商業高校 4-1 白山高校)
2011年 2回戦敗退(津田学園高校 10-0 白山高校)
2012年 1回戦敗退(上野高校 9-0 白山高校)
2014年 1回戦敗退(津工業高校 11-2 白山高校)
2015年 1回戦敗退(名張桔梗丘高校 11-5 白山高校)
2016年 1回戦敗退(相可高校 3-1 白山高校)
2017年 3回戦敗退(菰野高校 6-3 白山高校)
2018年 優勝(白山高校 6-3 松坂商業高校)

2007年から2010年までは2回戦敗退となっていますが、1回戦は不戦勝のため、2回戦が初戦となっています。

秋季東海地区高校野球三重県予選

2008年 中勢地区1次予選2回戦敗退(久居農林 7-0 白山高校)
2010年 中勢地区2次予選2回戦敗退(津工業高校 0-0 白山高校)
2014年 中勢地区2回戦敗退(津東高校 10-3 白山高校)
2015年 中勢地区第3次予選3次代表決定戦敗退(津東高校 11-4 白山高校)
2016年 2回戦敗退(いなべ総合高校 6-1 白山高校)
2017年 準々決勝敗退(いなべ総合高校 5-4 白山高校)

 

野球部監督

現在、白山高校の監督を努めているのは「東拓司」監督。

東拓司監督が白山高校の監督に就任したのは2013年のことです。

当時の白山高校は夏の甲子園予選では初戦敗退が続いている時期です。

上記の成績をご覧頂くと2013年は予選に出場すらしていません。

その理由は、野球部員不足です。

2013年当時の白山高校野球部は5人にまで減っていたのです。

当然、野球部員のやる気は低下し、練習すらままならない状態です。

すると、グランドも荒れ果てます。

ドラマルーキーズにもあったとおり、グランドは草で生い茂り野球どころではないほど荒れ果てていたそうです。

東拓司監督の略歴

東拓司監督のプロフィールを探してみましたが、一般人でもあるため詳細なプロフィールは見つけることが出来ませんでした。

しかし、次のことがわかりましたのでお伝えします。

  • 大阪体育大学卒業
  • 上原浩治(現巨人)と一緒にプレーしていた
  • 三重県立上野高校を県予選でベスト4に導いた

現巨人の上原投手は1975年生まれですので、東拓司監督は上原投手の前後3年の年齢だと推測できます。

ということは、39歳から46歳の間と推測できます。

たった6年で甲子園出場

東拓司監督が白山高校野球部監督に就任してからたった6年で甲子園出場に導きました。

しかも、2016年の予選までは初戦敗退です。

そして、昨年2017年予選は初戦を突破したといっても3回戦敗退です。

そんな状況で2018年甲子園出場。

 

東拓司監督はたった6年で白山高校を甲子園出場に導いたわけですが、大きく2つの期間での飛躍が見て取れます。

2013年から2015年までは、野球部員の勧誘、グランドの整備からのスタートです。

野球部員のモチベーションを高めるのにも時間を要したことでしょう。

そして、東拓司監督が求める練習に耐えられるだけの体力をつけるのにも時間を要したはずです。

 

このように考えると、2013年から2015年までは基礎的な部分の強化時期だと考えられます。

当時の野球部員が一番つらい思いをしたでしょうね。

 

でも、少しづつ部員も増え、2018年には野球部員は56名にまで増えています。

実は、この56名は驚くべき数字です。

なぜなら、白山高校の全生徒数は300人程度です。

全校生徒の6人に一人が野球部員なのです。

 

この時期の野球部員が基礎を築き、現在の3年生が入学するきっかけをつくり、2018年の県大会優勝、そして甲子園出場につながったのでしょう。

 

野球部部長

白山高校野球部長は「川本牧子部長」です。

川本部長については別記事で説明していますので、下記を御覧ください

 

 

2018年メンバーと出身中学

神野真志​

尾西第三中学校​

ポジション 選手名前 出身中学
投手 山本朔矢 久保中学校
捕手 辻宏樹 西橋内中学校
一塁手 有森紫苑 赤目中学校
二塁手 石田健二郎 久居西中学校
三塁手 岩田剛知 朝日中学校
遊撃手 栗山翔伍 西橋内中学校
左翼手 伊藤尚 亀山中部中学校
中堅手 市川京太郎 鎌田中学校
右翼手 駒田流星 山手中学校
控え 堀涼 久居西中学校
控え 神野真志 名張北中学校
控え 橋本魅蛇 白山中学校
控え 河村岳留 尾西第三中学校
控え 梶川裕一朗 松坂中部中学校
控え 刀根夢斗 鎌田中学校
控え 田中翔稀 白山中学校
控え 小古晴也 豊里中学校
控え 下中宙 緑ヶ丘中学校
控え パルマハーヴィー 東橋内中学校
控え 吉岡海斗 一志中学校

 

白山高校の偏差値

白山高校の偏差値ですが、2018年度は、

『33~39』

となっています。

 

まとめ

白山高校に関する情報をお伝えしました。

全国の高校球児も白山高校のように短期間で甲子園出場も夢ではないという事実を知り、少しでも希望をもっていただければと思います。

 

【関連記事】
白山高校が下剋上(甲子園出場)を果たした4つの秘策!(NEW
白山高校がリアルルーキーズだと言われる理由!
川本牧子部長(白山高校)の野球との関わりと経歴!
白山高校が甲子園見学会でびっくりした数々!見学会って何?

 

 

 

コメント