川本牧子部長(白山高校)の野球との関わりと経歴!

高校野球

夏の甲子園大会、三重県予選で優勝を果たした白山高校。

白山高校の快進撃と変貌はまるで「リアルルーキーズ」だと別記事でご紹介しました。

>>> 白山高校がリアルルーキーズだと言われる理由!

また、白山高校野球部についても別記事でご紹介させていただいています。

>>> 白山高校野球部情報(監督、部長、メンバー、出身中学、偏差値等)

 

この白山高校野球部にとってもう一つの注目点が野球部部長である「河本牧子」さんです。


引用元:朝日新聞デジタル

 

川本牧子部長は野球に対する思いが半端ないのですが、どのように野球とか変わってきたのか、どのようにして白山高校野球部の部長になったのかの経歴についてご紹介します。


【関連記事】
白山高校が下剋上(甲子園出場)を果たした4つの秘策!(NEW
白山高校が甲子園見学会でびっくりした数々!見学会って何?


川本牧子部長の野球との関わりと経歴

小学校時代

川本部長は現在野球部の部長をしていますが小さい時から野球が大好きな女の子でした。

小学校3年から野球を始め中学校でも野球をしたいと思っているような少女でした。

小学校の時には男子と混ざって野球をするのですが、女の子なので男の子のように坊主にはできません。

そのことを「一人だけみんなと違う」と恥ずかしがるような少女でした。

中学校時代

中学校に進むと野球部に入部することを心に決めていましたが、川本部長が進学した中学校の野球部では女子部員を募集していないことを知ります。

そこで仕方なくソフトボール部に入部します。

高校時代

中学校3年間をソフトボール部で過ごし、高校では絶対に野球と関わりたいと思っていたこともあり、選手ではなくマネージャーとして野球に関わることを望んでいました。

しかし野球部では女子マネージャーは募集していないと中学校の時の野球部と同様に入部を認められません。

この時は本当に「男として生まれたかった」と思ったそうです。

大学時代

高校卒業とともに大学に進学する者の大学では野球と無関係な生活を送ることになります。

本来ならこのまま野球とは関わりのない生活を送るはずでしたが、ひとつの転機がやってきます。

それは就職です。

就職

川本部長は大学を卒業し教師への道に進みます。

最初の赴任先で川本部長は自分がソフトボール部出身ということもありソフトボール部の顧問をしていました。

しかし、違う先生が指導者として赴任したこともあり、その先生と顧問を交代することになります。

このことが大きな転機になったのです。

 

ソフトボール部の顧問を離れた川本部長ですが、色々な人に普段から「野球が好き」と語っていたようなのです。

このことがきっかけとなり今度は野球部顧問への打診が届きます。

憧れの野球部への関わりを再開です。

野球部顧問になったことで、 ベンチするという夢も叶います。
しかし公立高校の先生は数年おきに転勤が決まっています。

川本部長も例外ではありません。

川本部長は転勤により名張西高校に赴任することになります。

河本部長は名張西高校でも前の学校で野球部顧問をしていたということがきっかけとなったのか、今度は顧問ではなく野球部部長として野球部と関わることになります。

そして今から7年前の2011年に現在の白山高校に家庭科教論として赴任することになります。

白山高校で野球部部長になったのも前赴任先である名張西高校野球部部長が影響したのは言うまでもないことでしょう。

野球部部長としての仕事

川本部長は現在、家庭科の教師をしながら野球部部長をされています。

しかも、自宅に戻れば3人の子供の母親でもあります。

家庭の事情もあり、毎日選手達とグランドに立つわけにはいきません。

しかし、グランド外で母親としての目で選手たちを見守り、そして励まし、選手たちをサポートしています。
もちろん白山高校が三重県代表として優勝したのは選手と監督の力が大きいのは言うまでもありませんが、選手と監督をバックアップしていた川本部長の存在は無視することはできないでしょう。

荒れていた白山高校が生まれ変わり、生徒たちから「自分たちが先生を甲子園につれていく」という言葉がかけられるようになったのは、女性であり母親である川本部長の存在は大きかったことでしょう。

 

川本部長甲子園で素振り(7/31追記

白山高校は7月31日、甲子園見学のためグランドに入りました。

そこで、川本部長はバットを手に取り、バッターボックスで素振りを行ったのです。

しかし、この素振りが原因で大目玉を食らうことになります。

 

この日行われた見学会は、背番号が付いている選手のために開かれている見学会であるため、男女関わらず背番号が付いていない人間はグランドに入ることも、バッターボックスに立つことも許されていなかったのです。

 

この件で川本部長は高野連からかなり怒られたそうです。

 

まとめ

白山高校が三重県予選で優勝し甲子園出場を決めたことで、「まるでルーキーズだ!」と注目されています。

本当にテレビドラマや映画になるのではと思わせるほどです。

このドラマのもう一つの主役が今回ご紹介した川本部長です。

母親目線で生徒を見守り、接することで生徒たちの気持ちも優しくなったことでしょう。

 

【関連記事】
白山高校が下剋上(甲子園出場)を果たした4つの秘策!(NEW
白山高校がリアルルーキーズだと言われる理由!
白山高校野球部情報(監督、部長、メンバー、出身中学、偏差値等)
白山高校が甲子園見学会でびっくりした数々!見学会って何?

 

 

 

コメント