CATEGORY

俳優

川口葵が家族と離れて明石市でおじいちゃんと暮らしていた理由がやさしい!

川口葵さんはボンビーガール出演で一躍注目され、多くのメディアに取り上げられました。   現在は、所属事務所が決まり、週プレで水着グラビアに挑戦し、女優として作品に出演することが発表されています。   川口葵さんのことを最近になって知ったという方にとっては、川口葵が家族のいる神戸市を離れて明石市でおじいちゃんと2人で暮らしていたことはご存知でしょうか?   この記事では […]

芦名星の生い立ちを辿ると激太り時代判明!体重70kgから2ヶ月25kg減量

芦名星さんといえば、きりっと引き締まったボディーの持ち主というイメージを持っている方が多いと思います。   しかし、芦名星さんの生い立ちを辿っていくと、今では信じられない激部取りがあったことがわかりました。   どれほど太っていたかというと体重は70kgに達していたそうです。   この記事では、芦名星さんの生い立ちを簡単に辿りつつ、体重70kgの激部取りからわずか2ヶ […]

芦名星の死因(うつ?)が三浦春馬と重なるが小泉孝太郎との関係はどうなった?

女優の芦名星さんが亡くなったと報道されました。   【ニュース速報】 俳優の芦名星さん(36)が死亡 所属事務所によりますと、14日午前、東京・新宿区にある自宅マンションで芦名さんが死亡しているのを親族が見つけました。死因は調査中だということです。芦名さんは映画やテレビドラマに数多く出演する人気女優です。#テレ朝news pic.twitter.com/VsTfO7tF0Y — テレ朝n […]

二階堂ふみに似てる女優1位は山本舞香じゃなく断トツで宮崎あおい!

二階堂ふみさんと言えば、若い女優さんの中でも演技力が高い女優さんですね。   現在、朝ドラ「エール」に主演として出演していますが、存在感だけでなく歌の巧さには驚きました。   二階堂ふみにさんには似てると噂になる女優さんが数人存在しますがご存知でしょうか?   その筆頭が「山本舞香」さんです。   山本舞香さんは二階堂ふみさんよりも若い女優さんですが、個性の […]

吉永小百合が若い頃映画で見せた水着写真が眩しい!似てる女優は誰

「吉永小百合さんの若い頃は凄く可愛かった」という声を良く聞きます。   現在でも60代から70代の世代の団塊の世代人たちからは絶大な人気を得ていますね。   その吉永小百合さんのファンは「サユリスト」と言われています。   「サユリスト」を公言している著名人・芸能人にも多く、小説家の川端康成さん、小説家の遠藤周作さん、東映代表取締役グループ会長岡田裕介さん、また大物芸 […]

窪塚洋介の薬物で逮捕の伊勢谷友介擁護発言は昔の飛び降り理由と関係してる?

俳優の窪塚洋介さんがインスタライブで俳優仲間の伊勢谷友介さんを擁護する発言をしました。   伊勢谷友介さんといえば、先日薬物(大麻)所持の疑いで逮捕されました。   窪塚洋介さんは、伊勢谷友介さんについて「かわいそう」「誰も殺してない」「誰も傷つけてない」「悪いやつや他にもっといる」などと主張したとのこと。   20歳以下の方の中には窪塚洋介がかつて9階建てのマンショ […]

多部未華子「これ経」続編降板理由が脇役に食われるからに批判コメント殺到!

昨日、多部未華子さんが「これ経(これは経費で落ちません!)」の続編に出演予定だったものの、急遽降板したと週刊女性が報じていることがネットニュースで話題になりました。   多部未華子さんの降板理由は、ドラマへの出演条件として出していた「キャスト・スタッフの続投」が満たされなかったことでした。   そして、記事のニュアンスが多部未華子さん側に非があるような書き方だったため多部未華子 […]

多部未華子「これ経」続編降板に賛同(キャスト変更では期待できない)の声多数!

2019年にNHKで放送されたドラマ「これ経(これは経費で落ちません!)」。 金曜22時のドラマ枠は視聴率が振るわない作品が多い中、高視聴率の中ドラマは終了しました。   ドラマ終了後は原作が続いていることからも「続編希望」の声が高まっていました。   このような背景の中、NHKでは「これ経」の続編製作を進めていましたが、ドラマ撮影2ヶ月前になって中止となりました。   […]

多部未華子の「これ経」緊急降板の本当の理由がNHKだと思う訳!

多部未華子さんの代表作のひとつ「これ経」こと「これは経費で落ちません!」の続編が進められていました。   しかし、撮影開始2か月前になって主役の多部未華子さんから降板の申し入れがあり続編は中止になったことを女性自身が報じました。   記事の内容からは「続編が中止になったのは多部未華子のわがまま」と言っているように聞こえます。   しかし、よく考えると「これ経」の続編中 […]