テレ朝宮嶋泰子氏がの野村修也氏にことごとく論破される!

アナウンサー

テレ朝宮嶋泰子氏またやってくれました。

本日早朝の情報番組「サンデーLIVE」で、宮嶋泰子さんが先日から続けているあからさまに塚原夫妻を擁護する姿勢を改めて繰り広げました。

そして、今回この番組にコメンテーターとして出演していた野村修也氏と対決があったようです。

どのような内容だったのかをご紹介します。


【関連記事】
塚原副会長がテレビでパワハラ体質を露呈!人の話を聞かない・遮る、保身に終始で最悪!(NEW)
宮嶋泰子氏がとんでもない論理で塚原千恵子氏を擁護!論点のすり替え半端ない!(NEW)
宮嶋泰子が速見佑斗コーチ記者会見で失礼な質問するも論破され自爆!取材力の無さを露呈!
塚原千恵子・山根明・内田正人が激似!似ている所がこれだけあった!
塚原千恵子氏が日馬富士にしか見えない!!ガリガリガリクソンにも似てる笑!
塚原夫妻が謝罪文で宮川紗江選手に直接謝罪の意向示すも今更感満載!全面降伏した?
【人相変化】宮嶋泰子さんの人相はこんなに変わった!
日本体操協会がクソで最悪!協会幹部塚原夫妻がパワハラで宮川紗江と速見コーチを引き離す!
宮川紗江パワハラ否定記者会見の内容がヤバイ!日本体操協会によるパワハラ発覚?
森末慎二と池谷幸雄が 斬る宮川紗江と日本体操協会!
日本体操協会緊急記者会見(8月30日)で塚原副会長の全部ウソ発言に言及!【動画あり】


これまでのおさらい

事の発端は日本体操協会が宮川紗江選手のコーチである速見コーチをパワハラで無期限登録抹消処分を課したことから始まりました。

宮川紗江選手は1年以上前には危ない技をしている時に気を抜いていたりした時に、叩かれたり、髪を引っ張られたりしたことがあったと告白するも、最近ではないことについても告白。

宮川紗江選手も速見コーチもこのことについては認め、反省している。

その上で、宮川紗江選手の聞き取りも行わないままいきなり速見コーチを無期限登録抹消したことに納得いかないと記者会見を開きます。

 

しかし、記者会見の場では、まさかの宮川紗江選手から驚きの発言が飛び出します。

 

その発言とは、宮川紗江選手が日本体操協会の塚原夫妻からパワハラを受けたと告発。

この告発をめぐり日本体操協会が記者会見を開いたり、塚原夫妻からプレスリリースが配布されたりして泥仕合になってきました。

 

ただ、宮川紗江選手の記者会見の内容と塚原夫妻の発言をみていると、どうしても見ている側からは宮川紗江選手が言っている内容が正しいのではないかと感じて人が多い状況でした。

 

もと体操オリンピックメダリストの森末慎二さんや池谷幸雄さんの発言を聞いていると尚更宮川紗江選手の言い分が正しい印象を受けます。

 

その後は、元体操日本代表選手や元体操選手による宮川紗江選手を応援する声が出されたいることからも塚原夫妻の言い分には無理があるように感じる人が増えていました。

 

そんな中、元テレ朝宮嶋泰子氏がテレ朝の情報番組に登場します。

 

そこで宮嶋泰子氏は「宮川紗江選手は思い込みが激しい」と発言しつつ、塚原夫妻に対してはあからさまに擁護する姿勢を貫き観ている人間に違和感を与えてしまいます。

 

その姿勢が夜の報道ステーションでも繰り返したため宮嶋泰子氏に対する違和感は強くなっていきます。

 

そして、9月2日早朝に放送された「サンデーLIVE」に出演したのです。

 

 

サンデーLIVEでのテレ朝宮嶋泰子氏

サンデーLIVEでの宮嶋泰子氏の発言は変わっていませんでした。

一貫して塚原夫妻擁護論を繰り広げます。

確かに、塚原夫妻を擁護する発言があっても不思議ではないんです。

しかし、顔の表情を変え、いかにも宮川紗江選手側が悪く、塚原夫妻は悪くないという姿勢が観るものを遠ざけてしまうのです。

そして、テレ朝が10月に放送する世界体操の関係から日本体操協会幹部の塚原夫妻を擁護しているのかもしれませんが、視聴者にしてみればテレ朝に対しても悪い印象をもつまでになってしまっています。

 

そこで、今回のテレ朝元アナウンサーの宮嶋泰子氏の発言を確認してみましょう。

宮嶋泰子氏は塚原千恵子氏と宮川紗江選手に対して次のような発言を行っています。

 

塚原千恵子氏に対する発言

 

  • 「清廉潔白」で「汚いことが嫌いな人」。
  • 宮川紗江選手と速見コーチを引き離そうなんて感じていない。

 

塚原智恵子氏が宮川選手と速見コーチを引き離そうとしていないのは間違いない。自暴力問題に関しては現場の選手から速見コーチが暴力を振るっているという声が出て、この声がコーチに伝わり、最後に塚原夫妻のところに届いた。そして、現場の選手やコーチ皆から「聞いた」「見た」という声を聞いて、処分に至ったと発言。

だったら、現場にいた選手やコーチから事情聴取すれば事実がわかるんではないのでしょうか?

宮川紗江選手に対する発言

  • 宮川紗江選手は思い込みが激しい

 

この発言では、宮川選手は「多分こうなんだろう!」という風に思い込みで話をしている。だから、自分は真実を見つけるために取材を続けていると語っています。

しかし、それを言ったら塚原夫妻が言っていることも思い込みを言われても仕方ないことばかりです。観ているものからすると、真実と感じる部分はないのですが、どうなんでしょう。

 

 

この発言に対しては、視聴者からは改めて塚原千恵子氏に対して疑義を感じるコメントが殺到しています。

 

具体的には、

  • 塚原千恵子氏が清廉潔白で汚いことが嫌いというけど、ボイコット事件で協会要職から外されたのは同説明するのか?
  • 朝日生命クラブへの選手移籍についても、引き抜かれたというクラブ関係者の声や日本代表選手が異なる体操クラブから朝日生命クラブにばかり集まるという不自然な減少は同説明するのか?
  • 宮嶋泰子氏は新体操協会理事であり、日本体操協会側の人間。こんな日本体操協会と利害関係がある人物が発言しても説得力がない。
  • 塚原夫妻は権力を持っている。権力を持っている人間が10代の選手を個室に呼び出すだけでもパワハラに対する意識がないと感じる。
  • パワハラ疑惑の被害者側ではなく加害者側が会話を録音しても証拠になるはずがない。

 

そして、今回はコメンテーターとして野村修也氏が主演していましたが、宮嶋泰子氏は野村修也氏に論破されたのです。

 

野村修也氏が宮嶋泰子氏を論破

サンデーLIVEでは、宮嶋泰子氏による宮川紗江選手への批判や塚原夫妻を擁護する発言があったわけですが、野村修也氏は声を強めるでもなく、クールに、そして客観的にひとつひとつの発言に対してコメントを行い、宮嶋泰子氏の発言を潰していったようです。

パワハラについて野村修也氏は、「パワハラがおこるのは、一定の権限・権力を持つから」。

塚原千恵子氏が宮川選手にいった「オリンピックに出られなくなるわよ」という言葉には前段があるといっても、選手選考の権限を持つ塚原千恵子氏が言うとパワハラになると論破。

また、宮嶋泰子氏は塚原千恵子氏が朝日生命クラブへ選手を引き抜いた件について、「引き抜いていない」と言っていることについて、「引き抜いたのではなく、選手が朝日生命クラブに移籍したいと言って移籍してきた」から引き抜きではないと発言しました。

この件については、「選手が自主的に移籍した」というが、それは朝日生命クラブの責任者が選手選考権限を持つ塚原夫妻であるから。塚原夫妻が引き抜かなくても選手から移籍してくる構造が作られていたと論破。宮嶋泰子氏の反論なし。

 

これない対して宮嶋泰子氏は反論出来なかったとのことです。

 

この番組を観ていた方のコメントは次のようなものがあります。

ネット上の声

 

動画

 

「52分頃から69分頃」までが宮川紗江選手と塚原夫妻の話題になります。

 

まとめ

この問題は泥沼化していますが、いくら塚原夫妻が宮川紗江選手を貶めようとしても、日本体操協会や塚原夫妻に対して嫌な思いをしていた選手や関係者が表に出てくればどうしよもない状態に陥りそうですね。

それとも、「宮川紗江選手の発言が全てウソ」と決めつけた塚原光男副会長は証拠を出すことが出来るのか見ものです。

コメント